独占【味の素やカゴメInagora協働の裏側】越境ECでこれが大事な理由

石郷“145”マナブ(編集長)

これからのInagoraの大事な局面を担う中山雄介氏(左)と津田茂寿氏(右)に独占で直撃した

 物事には順番とルールがある。これは、最近、Inagora株式会社(代表取締役社長 翁 永飆 以下、Inagora)にいって、越境ECを進める企業のやり方で、気がついたことである。Inagoraは「ショッピングに国境はない」をキーワードに、日本の商品の良さやメーカーの良さをライフスタイルと合わせて、世界中へと発信するためのベースをアシストする企業である。

 一朝一夕では越境ECはうまくいかないものなのであり、しかし、この会社の考えを聞いていると、まさに、物事には順番とルールを考えて、新たな局面で動いていて、通常の越境ECの視点とは違った気づきがあったのだ。それを教えてくれたのが、同社の中山雄介氏と津田茂寿氏なのだ。例えば、先日の味の素やカゴメとInagoraとの協働においても、バックで動いていたのは、中山雄介氏。

味の素との連携の舞台裏

 なぜ、彼の名前を挙げたのかといえば、実は、彼は元Amazonの出身者である。なぜ、ここにAmazon出身者の力を必要としたかに秘密があって、実は、今話した

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

石郷“145”マナブ(編集長)

メディア編集部 ゼネラルマネージャー。キャラクター業界の業界紙の元記者でSweetモデル矢野未希子さんのジュエリーを企画したり、少々変わった経歴。企画や営業を経験した後、ECのミカタで自分の原点である記者へ。トマトが苦手。カラオケオーディションで一次通過した事は数少ない小さな自慢。

石郷“145”マナブ(編集長) の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/14955/