ヤマトとアマゾンで分かれた結論 当日配達は本当に必要なサービスなのか?【ECのミカタリサーチ】

ECのミカタ編集部

 午前に注文した商品が、午後に自分の手元へ届いてしまう当日配達は、私たちにとって身近な存在となっている。オンラインショッピングの利用者が増加することで、EC事業者は他の事業者との差別化を図る

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
  • 考える
  • |
  • 2017/06/28 13:37
  • 当日配達希望者は、100円から200円でも”速達費用”を請求するのはありでは? 
    新鮮野菜は、そもそも、新鮮でないと意味がないので速達費用がかからない。
    など、先のコメントの”区分する”は、良いと思います。
  • yoshinori
  • |
  • 2017/06/26 18:05
  • 当日配達の区分けが必要ではないでしょうか。生鮮食品他食料品などは当日配達が必要とされるが本や衣料・雑貨などは当日配達の必要性があるのか疑問です。確かに注文者の性格にもよりますが、だからこそ区分をしていたほうがお客様とショップ側とがスムーズに行くように思います。