『豌豆公主(ワンドウ)』白鳩の商品販売を開始。中国経済への越境ECの影響拡大

ECのミカタ編集部

 中国向け越境 EC プラットフォーム「豌豆 ワンドウ プラットフォーム」を運営する、Inagora(インアゴーラ)株式会社(東京都港区、以下「インアゴーラ」)は、インナーウェアの e コマースを展開する株式会社 白鳩(京都府京都市、以下「白鳩」)が、 7 月 6 日(木) より、『豌豆公主(ワンドウ)』にて商品販売を開始したことを発表。

 約 10,000 品番、140 ブランドと多種多様なインナーウェアの eコマースを手掛ける白鳩は、中国の EC プラットフォーム「天猫国際」への独自出店等により、日本のインナーウェアを中国に展開してきた。中国市場でのさらなる事業の伸長を目指す中、インアゴーラのビジネスモデルを活用することによる効率性を高く評価し、 『豌豆公主(ワンドウ)』 へ出店する運びとなった。 『豌豆公主(ワンドウ)』 では、既に天猫国際にて出品している機能性下着等の人気商品のほか、 『豌豆公主(ワンドウ)』 の主な顧客層である 25~35 歳 の女性を対象とした、ワコールやトリンプ等の商品ならびに白鳩とのコラボレーションによるオリジナル商品等を販売する。

  『豌豆公主(ワンドウ)』 は中国ユーザー向けショッピングアプリで唯一の日本商品特化型サービス。 2015年8月のリリース以来、流通総額を急速に伸ばしており、 取り扱い商品数は中国で既に人気のアイテムから中国ユーザーの認知度が低い商品まで約27,500商品(2017年6月現在)で、 多岐にわたるカテゴリの商品

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/ecnews/15123/