ヤマトVS佐川VS日本郵便3社宅配料金比較 2017-2018※2018年3月1日更新

ECのミカタ編集部

 年頭のヤマト運輸の荷受け量制限の呼びかけに始まり、その後、配送に関して、大きく議論されるようになった。また、それに伴い料金が改定されるなども起こった。そして7月26日に佐川急便、9月5日に日本郵便が運賃の改定を発表した。ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便と立て続けに運賃改定が発表される中、結局のところ、どこを選ぶべきか、という疑問が起こる。

※日本郵便の料金公式発表受けて更新しました(2018.3.1)

 そこで、今回、ECのミカタでは各社の料金を比較を行った。


記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
  • QUWV20SN
  • |
  • 2017/07/28 18:18
  • 日本の消費者は、良いサービス・必要なコストに対価を払っていることを理解し、それなりの消費者教育も行うべき。配送料無料とかサービスタダとかは、誇大広告や詐欺的広告に近い。一方で大手業者の「手数料や金利はすべて弊社が負担する」は正しいと思う。ようやく正常化に向かいつつあるのでは。お店に買い物に行く「時間消費・交通経費」の代替を宅配料金に振り替えているのだから。