「D&M」の”活きた”ビッグデータで「MarketOne」がブラッシュアップ 〜効果的なセグメントでダイレクトに届く広告を〜

ECのミカタ編集部

 株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、以下 D&M)は、D&Mが保有する消費者データとデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、以下 DAC)が提供するデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)「AudienceOne」との連携を開始。

 これにより、DACの連結子会社である株式会社プラットフォーム・ワン(本社:東京都渋谷区)が提供するデマンドサイドプラットフォーム(DSP)「MarketOne」を利用して、D&Mが保有するオーディエンスデータを用いた広告配信サービスを提供することが可能となった。

 D&Mは会員数500万人を超える大規模な消費者パネルネットワークよりアンケートを通じて、性別や居住地、商品・サービスの保有や使用経験、その他情緒的なデータなどユーザーに属するデータベースを構築している。

 保有する属性項目数は最大で2000項目におよび、多種多様なオーディエンスデータの中から自社の商品やサービスに合わせたターゲットを選定できる。

 今回の連携でその膨大なデータを用いたのがAudienceOneだ。AudienceOneは月間4.8億ユニークブラウザのcookieデータを持つデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)で、広告配信結果、ソーシャルメディア、提携企業の3rd Partyデータなどを収集・解析することで、見込顧客の発見や既存顧客のロイヤルカスタマー化などのさまざまなマーケティング施策に活用することができる。

 その解析されたデータを使って広告を配信するのがMarketOneだ。MarketOneは国内最大級のオンライン広告取引プラットフォームで、独自のデータを活用した高精度なターゲティング配信や、詳細なレポーティングをオンライン上でワンストップで提供することで、より効果的、効率的な広告運用を可能にしている。

つまり、D&Mの膨大なデータをAudienceOneで解析し、それを用いた広告配信が「MarketOne」を経由することで実施することが可能になったということだ。

意図を持って集められたデータでコンバージョン率アップを実現

 昨今、EC業界は激戦の様相を呈しており、競合他社との差別化は日を追うごとに難しくなってきている。各社コンバージョン率向上のための策を練り続けている現状がある。

 ビッグデータを活用する企業も増えてきたが、大切なのはそのデータの「質」にあると言えるだろう。D&Mの有するオーディエンスデータは鋭い角度から繰り出される的確なアンケートにより、高精度なセグメントを実現している。顧客の潜在意識や抱えている問題までもデータとして得ることができるため、的確な広告を打ち出すことを可能にした。

 D&Mのこういった細かいセグメントにより、「どういう人にどういう広告を配信すべきか」を明確にすることができ、顧客の潜在意識に対して「気づき」を与え、適切なターゲットへ最適な広告を配信することができるのだ。

 また、既存データには含まれないデータについても、個別アンケートで聴取を行うことが可能なため、商品やサービスに合わせた独自のターゲティングデータをカスタマイズし、広告配信データとして活用できる。

 そうして得たオーディエンスデータはD&Mで細かくID管理されており、配信広告に接触したユーザーへアンケート配信を行うことも可能だ。これによって広告効果測定などダイレクトなアプローチを実現する。

 インターネット広告はいま、多種多様で膨大な量のデータと「どう向き合うか」が大きなカギとなっており、EC事業者は「ユーザーの悩みに直接語りかける広告」を欲している。D&Mの持つビッグデータはまさに”活きた”データだ。こうした意図を持って集められたデータを駆使して、精度の高いPDCAサイクルを回し、コンバージョン率アップを実現してほしい。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。