2017年の越境BtoB-EC人気商品発表!国と地域で何が変わる?【SD export調べ】

ECのミカタ編集部

 株式会社ラクーン(本社:東京都中央区)が運営するBtoBの越境ECサイト「SD export」は、2017年の販売動向と販売実績をもとにした人気の商品トップ3を発表した。

 「SD export」は日本国内のメーカーと海外の企業・小売店を繋ぐBtoBの越境ECサイトだ。2015年8月からサービスを開始しており現在の商品掲載数は約20万点を超える。約650社の日本のメーカーが、国境を超えた世界20,000店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮している。

 「SD export」の調査によると、昨年に続きアジアからの購入が最も多く、流通額全体の約80%をアジアが占める結果となった。購入金額で見ると1位が台湾、2位が香港、3位がアメリカ。購入店舗数では香港、台湾、アメリカの順となっている。

 この上位3か国を見ると、購入金額で特に伸びが大きかったのはアメリカで昨対比約300%アップ、購入店舗数では香港で昨対比約200%アップした。

 商品ジャンルで見ると、昨年に引き続き1位の食器・キッチンのほか、玩具・ホビー、日用品、ヘルスケア・コスメのジャンルが伸びている。では、販売動向と販売実績をもとにした人気商品トップ3を見てみよう。

2017年世界ヒット商品ランキング(SD export調べ)

(集計期間:2017/1/1~2017/11/20 / 集計方法:購入店舗数を元に独自集計)
【1 位】 BIG リボンのぺたんこサンダル 日本製
【2 位】 ショート丈レインブーツ 日本製
【3 位】 よじのぼり猫スプーン

 今年の1位は大きなリボンつきのぺたんこサンダルだった。このBIGリボンサンダルは今年日本でトレンドとなったアイテムで、日本の流行が取り入れられやすい香港からの注文が1番多くなっているという。

 2位のショート丈レインブーツも香港からの購入が1番だが、高温多湿で雨が多いという気候要因によるものと予想される。

 3位の猫のスプーンも香港の購入者数が1番だが、「SD export」の検索キーワードにおいて常に上位に『cat』が入っており、猫アイテムは全世界から人気のアイテムということが分かる。アジアのみならず、アメリカ、イギリスなどからも購入されているようだ。

需要を汲み取り、国内発送の感覚で海外展開を

 昨年全体で1位だったanello(アネロ) のリュックはオセアニアで1位となっていたり、ヨーロッパではのれんや浮世絵、まねき猫など和風デザインが人気で、北米ではキャラクターグッズが人気だったりと、国や地域によって求められているものが違っていて興味深い。

 世界レベルで見ると、人口の数も日本国内に比べて断然多い上に、好まれるカテゴリーも様々だ。やはり世界に目を向けると可能性が一気に拡がる。「SD export」を利用すれば国内メーカーはどの国からの注文でも国内倉庫(埼玉)に発送するだけで、そのあとの輸出作業や手続き、代金回収はすべてSD exportが代行してくれる。

 つまり国内に発送するのと変わらない作業で海外への販売が可能だということ。人手不足や手間などの問題から自社での海外販売が難しい中小企業などは、フルフィルメントの海外越境ECを一度検討してみる価値があるのではないだろうか。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録