アプリユーザーの動向を把握しパーソナライズされた施策を打てる『KARTE for App』の提供開始

ECのミカタ編集部

CXプラットフォーム「KARTE」を提供する株式会社プレイド(以下「プレイド」)は、iOS、Androidのアプリ向けに『KARTE for App』の提供を開始する。

「ZOZOTOWN」や「クックパッド」も導入へ

プレイド社が提供する「KARTE」は、2015年3月にサービスの提供が開始された。Webサイトへ訪れた個々のユーザーの行動をリアルタイムに解析して可視化し、それぞれのユーザーに合わせた幅広いコミュニケーションをワンストップで実現するサービスだ。

高い拡張性を備えているため、オンサイトに限らず様々なシーンでユーザーとのコミュニケーションができることはもちろん、既存サービスとの連携も柔軟で、マーケティングの課題やニーズに合わせた様々な活用が可能だ。

3月12日にサービス開始から3周年を迎えた「KARTE」は、これまでウェブサイト向けにサービスを提供し、累計22億人のユニークユーザーを解析してきた。今回 「KARTE for App」として iOSおよびAndroid向けSDKの提供を開始したことにより、アプリを含めた横断データで顧客の 体験を把握し、顧客ごとに最適化した体験の提供をワンストップで実現できるようになる(2018年3月19日より提供開始)。

尚、「KARTE」の既存クライアントを中心に、すでに「KARTE for App」クローズドβ版の提供を2018年3月より開始している。ファッション通販の「ZOZOTOWN」や料理レシピサイトの「クックパッド」など名だたるプラットフォームが既に導入を決定済みだ。

ウェブと横断した顧客体験の提供も可能に

今回提供開始が公表された「KARTE for App」を導入することで、アプリを利用する顧客の行動をリアルタイムに解析し、柔軟なセグメントでプッシュ通知やアプリ内メッセージを配信できるようになるという。

また、ウェブサイトに「KARTE」を導入した場合は、共通の管理画面からウェブとアプリ双方のユーザー行動をシームレスに可視化・解析することも可能で、ウェブ・アプリ・メールやSMS・LINEなど、あらゆる顧客接点での統合的なコミュニケーションが可能となる。

「KARTE for App」の主な特長はこうだ。アプリ内のユーザーをリアルタイムに解析し、会員・ビジターを問わずにあらゆるデータを蓄積していくことができる。ダッシュボードやスコアといった機能を使って、アプリ内のユーザーの行動やモチベーションの変化を、正しく理解することも可能だ。

またアプリにもかかわらず自由度の高いアクションを実現。顧客に寄り添い「合わせる」を可能に行動イベントやユーザー情報を自由に組み合わせてセグメントし、プッシュ通知やアプリ内メッセージを簡単に配信できる。

さらに、アプリ内メッセージを配信する際のテンプレートも HTML/CSS で自由にカスタマイズができるので、ユーザー毎に最適化したメッセージを、企業やブランドの世界観に合わせて届けることが可能だ。

もちろん、アプリ単独だけでなく、ウェブと横断した顧客体験の提供も可能にウェブサイトに「KARTE」を導入している場合は、共通の管理画面からウェブとアプリ双方のユーザー行動データを解析することも実現できる。

発展途上のアプリマーケの分野に切り込む

同社によれば、「KARTE for App」は、これまでに「KARTE」を導入しているクライアント企業や、マーケターの強い要望から生まれた。顧客にとって最適なCX(顧客体験)の設計を可能とし、顧客接点ごとにブランド体験が分断してしまう、マーケティングの弊害を防ぐとしている。

近年、日本のみならず世界的にもアプリ市場は成長を続けている。一方でアプリがユーザーとの重要なタッチポイントとなっているにもかかわらず、アプリを対象としたマーケティングサービスは発展途上だった。

その分野でWebと横断的に個々のユーザーの動向を把握できるこのサービス。し烈さを増すEC市場で戦う多くの事業体にとっても、より精度の高いPDCAサイクルを構築する上で力強い味方となってくれることだろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事