楽天がO2Oマーケティングに寄与する『RMP - Go! Spot』の提供を開始

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と楽天データマーケティング株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:有馬 誠、以下「楽天データマーケティング」)は、位置情報を活用した広告配信によりオフラインでのユーザー行動を効果測定することができるO2Oマーケティングソリューション「RMP(Rakuten Marketing Platform) - Go! Spot」の提供を開始した。

より高精度なプロモーション効果の測定が可能に

「RMP - Go! Spot」は、楽天会員IDに基づく様々なチャネルやデータを活用し、位置情報によるユーザーへの広告配信を通じた店頭送客プロモーションの実施と来店者数など実際のデータによるプロモーション効果の測定を可能にするソリューションだ。

楽天グループが提供するスマートフォン向けおこづかいアプリ「Super Point Screen」、来店ポイントアプリ「楽天チェック」それぞれで得られる顧客行動などのビッグデータを分析することで、プロモーション施策の実施だけでなく、オフラインでのユーザーの行動を理解し、O2Oマーケティングの向上に役立てることができる。

ミスドで効率的な集客効果を確認

株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:山村 輝治、以下「ダスキン」)が運営する「ミスタードーナツ」の新商品プロモーションで実施した先行のトライアルでは、新商品の広告を「Super Point Screen(スーパーポイントスクリーン)」でユーザーの位置情報に基づいて配信し、従来よりも効率的な集客効果を実現したという。

また今回のプロモーションでは、「ミスタードーナツ」が共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」の加盟店舗でもあることから、「楽天ポイントカード」を活用したデータ分析も実施したそうだ。今後、来店促進に加えて店頭購買を促進するプロモーションや分析を組み合わせることで、より統合的なO2Oマーケティングソリューションの実現に向けて機能を拡充していく予定となっている。

楽天とそのプラットフォームが持つ巨大な集客力と多方面展開がもたらすビッグデータ。これら立体的な施策を掛け合わせ、ユーザーの行動を把握し、集客へとつなげる今回の新ソリューションの提供開始は、新たなO2Oマーケティングの地平を切り拓いて行くことになるだろう。まさに楽天だからこそ可能になった施策と言える。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事