CVRが2.4倍、PVが約4倍!ユーザーと知りたい情報を直結『ポップリンク』メガネスーパー通販で威力を発揮

ECのミカタ編集部

サイト内検索エンジンの研究開発・販売・ASP/SaaS提供およびソフトウェア研究開発・コンサルティングを展開するビジネスサーチテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川邉雄司、以下「BST」)は、株式会社メガネスーパー(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:星﨑尚彦、以下「メガネスーパー」)の公式通販サイトに、BSTの商品画像付き検索アシスト「ポップリンク」が採用されたことを公表した。

検索結果ページをショートカットして情報到達率を高める

ビジネスサーチテクノロジ株式会社(BST)は、検索エンジンの開発および販売・サービス提供を行っている気鋭の企業だ。自社開発の検索エンジン「WiSE(ワイズ)」と、サイト内検索ASP/SaaS型の「probo(プロボ)」を中心に、柔軟性・安定性の高いソリューションの提供を行っている。

現在、同社が提供するソリューションは、大手企業、ECサイト、金融、不動産、官公庁等750社以上の顧客が利用している。その中のひとつ、ポップリンクが、メガネスーパーのサイトに導入されたという。

ポップリンクは、検索窓へのキーワード入力時に、候補語と画像、詳細ページへのリンクを表示する。検索結果ページをショートカットして、情報到達率を高めることで、検索の課題である「0件ヒット」(検索結果が1件も無い状態)による機会損失を防いでコンバージョン向上に寄与するのだ。なおスマートフォンとPCそれぞれに最適化された検索窓のUIを提供する。

CVRが2.4倍、PVが約4倍に

メガネスーパーの公式通販サイトのようにコンタクトレンズを主力とするECサイトでは、リピート購入(目的買い)が多い一方で、商品やラインナップによる差別化が難しく、わずかなWebサイトの使い勝手やサービスの利便性の差が売り上げに直結するという。

今回、メガネスーパーの公式通販サイトでは、購入手順の最短化を目的として、Topページから直接ユーザーが意図した商品購入ページに誘導できるポップリンクの機能と、JavaScriptタグの貼り付けによる導入方法と価格の手軽さ、伴走サービスによるPDCAサイクルの実施が可能な点が高く評価され、採用に至ったのだ。

導入の効果として、サイト全体と比較した場合、ポップリンク利用者のコンバージョン率が約2.4倍、前年比でサイト内検索のユーザー利用数が128%に増加、前年比で検索利用者のPVが約4倍(2018年1月24日~4月24日までのデータを使用し、2017年の同日同期間と比較)という華々しい結果となった。

予想以上の成果

前述の通り、ユーザーが欲しい商品情報を最短で表示することで、ポップリンク利用者のコンバージョン率は、サイト全体のコンバージョン率と比較して、約2.4倍となった。また、関連するキーワードや商品のサジェストで回遊を促すことで、検索利用者のPVが前年比で約4倍と高い数値が出ている。メガネスーパーの担当者も、その成果に対して驚きを隠せないようだ。

EC市場において、すでに多くのネット上のショッピングモールやネットショップが乱立している。いかに著名なブランドといえども、そこでの競争を制するには綿密な施策が必要だ。特に差別化が難しいアイテムを取り扱っている場合は、なおさらのことである。

今回、メガネスーパーの公式通販サイトに導入されたポップリンクは、まさにこうしたニーズをしっかりと捉え、予想以上の成果を上げたことになる。またこうしたサービスの利便性やサイトの使い勝手は、それだけでユーザーの購入体験の最大化に直結するだけに、ECビジネスを営む多くの事業体にとっても、そのまま応用が効くソリューションとも言えるだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事