しまむらがZOZOTOWNにオンラインショップを出店

ECのミカタ編集部

株式会社しまむら(本社所在地:埼玉県さいたま市北区宮原町 2-19-4、代表取締役社長:北島常好)は、株式会社スタートトゥデイ(本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬 2-6-1WBG マリブウエスト 16F、代表取締役社長:前澤友作)が運営する日本最大級のファッション通販サイト「ZOZOTOWN」に、「しまむら ZOZOTOWN店」を出店することを公表した。

しまむら史上初のオンラインショップ

衣料品のリアル店舗市場で大々的な展開をしてきた「しまむら」が『ファッションセンターしまむらZOZOTOWN店』を出店することを公表した。今回の出店は、しまむら初のオンラインショップとなり、店舗のないエリアや店舗へ来店できないユーザーへ商品を提供することを目的とし、高品質・高機能を掲げるプライベートブランド『CLOSSHIシリーズ』や、最新のトレンドファッションを低価格(=しまむら安心価格)で提供するとしている。

まおオープンセールでは、特価商品をはじめ「ファッションセンターしまむら ZOZOTOWN店」でしか手に入らないオリジナル商品も数量限定で用意される予定だ。

「王者」しまむら

しまむらと言えば、郊外やロードサイドを中心にリアル店舗を全国津々浦々に出店し、しまむらの店舗を目にしない自治体は無いと言えるくらいきめ細かな展開をしてきた。まさにファストファッション業界の勝ち組として近年は君臨してきたが、ここへ来てその王者にも「かげり」が見えていたとの分析も多い。

それと言うのも、しまむらが2017年12月に公表した17年3~11月期の連結決算の売上高が前年比でわずかにマイナスになったからだ。これには、目玉商品が手薄になり、しまむらの勢いを支えていたユーザーによる、掘り出し物を探す動き「しまパト(「しまむらパトロール」の略)」が低調になった点や、大手ECプラットフォームの台頭を指摘する声も多い。そうした中でのオンラインでの出店となったわけだ。

しまむらのリベンジの始まりか?

オンライン展開の遅れが言われていた「しまむら」だが、ついにオンラインでの出店に踏み切った形だ。その出店形態が、自社サイトではなくZOZOTOWNへの出店を選択した点でも注目される。

ZOZOTOWNは言うまでも無く巨大な集客力を有するファッションECの巨人であるが、そこへ「しまむら」が出店することは、それだけでかなりの相乗効果が見込まれる。同時に、有力なファッションECプラットフォームへ出店することは、比較的低いリスクで、オンラインでの効果を測定できることも意味するだろう。

試練に見舞われている「しまむら」だが、そのリベンジであり、かつ大きな方針転換となったオンライン出店の第一弾は、極めて慎重かつ手堅い一手であると言えるのかも知れない。今後の同社のオンライン施策がどう繰り出されるのかにもぜひ視線を送りたい。

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事