これで流通ノンストップ?!世界をつなぐ越境ECワンストップサービス

ECのミカタ編集部

株式会社ジグザグ(本社:東京都港区/代表:仲里一義)と株式会社クロスワープ(本社:東京都千代田区/代表:山崎真吾)が業務提携し、国内ECサイトを海外向けに対応させる越境ECワンストップサービスを提供開始すると発表した。

ジグザグは「世界中の『欲しい』に応える」をビジョンに、越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」の提供をはじめとした、越境EC支援をおこなっている会社である。一方クロスワープ社は、eコマースやファンクラブの運営、クラウドサービスの開発と提供を中心としたコンピューティングサービスをおこなっている。

この2社が提携したことで、よりスピーディな越境ECを可能とした。

提携のきっかけ

クロスワープ社のサービスを利用したファンクラブサイトやECサイトは、アーティストの公式ショップをはじめとしたエンターテインメント分野が多数。海外からも商品を求める声が殺到しているものの、web上での海外決済や物流、言語面での開発に遅れが出ているという現状があった。

費用面での課題はもちろんのこと、人材・ノウハウ不足も頭を悩ませていたという。

そこで越境EC支援ソリューション「WorldShopping BIZ」を有するジグザグと提携することで、それらの悩みを一気に解決。最短1日で海外対応を実現した。

どんなサービスなのか?

今回の業務提携によって、クロスワープ社の「MODD Web Service」を使ってEC・ファンクラブサイトを運営している事業者は、ジグザグの提供する「WorldShopping BIZ」を利用できる。

海外ユーザーに適応したショッピングカートの設置や、オーダー受付、決済、海外発送、カスタマーサポートまでを、開発コストをかけずに可能とするのである。

日本国内のエンターテインメント分野のサイトにおいては、日本語で構成されているのにもかかわらず、これまでも海外から多くのユーザーがアクセスしている。「WorldShopping BIZ」の導入によって多言語入力フォームを設置することもでき、熱量の高い海外ユーザーがより利用しやすい環境を整えることができるようになる。

最強タッグが越境ECを加速させる

越境ECを可能とするシステム構築力を持つジグザグと、サイト運営のノウハウを持つクロスワープ社。

2社が提携することで、今後はより多くの世界中のファンにアプローチできるシステムが拡張していくだろう。
サイト運営を手掛ける事業者にとっては、海外へマーケットを広げる可能性があるのはもちろんのこと、海外マーケティング、ニーズのデータを取るのにも有効である。2社のタッグは、ECのグローバル展開をより加速させていく可能性を秘めている。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。