ヤフーとソフトバンクの合弁会社PayPayがAlipayと連携し訪日中国人向けのAlipay QRコード決済に対応

ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay株式会社は、中国におけるスマホ決済のリーディングカンパニーであるアントフィナンシャルサービスグループ傘下の「Alipay」とサービス連携したことを公表した。これにより、今秋開始予定のスマホ決済サービス「PayPay」の加盟店において、訪日中国人による「Alipay」のQRコード決済ができるようになる。

拡大するインバウンド需要に対応

PayPay株式会社は、日本を訪れる中国人観光客は年々増え続けており、2017年には約735万人が来日(日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数の動向」)、そのインバウンド消費額は1.6兆円(観光庁「訪日外国人消費動向調査」平成29年(2017年)年間値確報)に達しているとしている。今回の「Alipay」とのサービス連携も、こうした拡大するインバウンド需要への対応があるものとみられる。

世界で8.7億人以上のユーザーを抱える「Alipay」

「Alipay」は世界最大のモバイル及びオンライン決済プラットフォームで、中国国内のアクティブユーザー数は6億人以上に上る。アリババグループの関連会社 アント フィナンシャル サービスグループが提供する「Alipay」は、世界最大規模のモバイル及びオンライン決済プラットフォームだ。

「Alipay」及び戦略提携パートナーが提供するサービスのアクティブユーザー数はグローバルで8.7億人以上となっており、海外でも中国人向けのオフライン決済サービスを40の国と地域で提供している。日本でも5万店以上が「Alipay」を導入中だ。

「PayPay」加盟店への訪日中国人観光客の来店を促進

QRコードのイメージ

今回の取り組みでは、店舗に掲示されたQRコードを利用者がスキャンする方式で連携する。中国本土から来日した「Alipay」ユーザーが、「PayPay」加盟店で決済できるようにすることで、「PayPay」加盟店への訪日中国人の来店を促し、インバウンド消費の取り込みを支援する。

◆【新しい取り組みの概要】

[取り組みの開始時期]
2018年秋(予定)

[利用可能店舗]
「Alipay」アクセプタンスマーク付きの「PayPayコード」設置店で利用可能

[利用方法]
中国本土から来日した「Alipay」ユーザーが普段お使いの「Alipay」アプリで利用できる

事業者とユーザーにスマホ決済の利便性をさらに提供

今回、新たな取り組みを公表したPayPay株式会社では、今後も、あらゆる小売店やサービス事業者、ユーザーにスマホ決済の利便性を提供し、日本全国どこでもキャッシュレスで買い物ができる世界を目指すとしている。

購買意欲旺盛な巨大な人口を抱える中国。国策ともなっているインバウンド需要の喚起の成果もあり、そこからの訪日観光客は、年々増加している。日本製品を購入した中国人観光客は、帰国後もそのファンとなりECを通して継続して購入をするなど、ロイヤル顧客醸成の上でも注目されている。

その流れの中で、日本での決済がよりスムーズに行えれば、買い物体験の向上になるだけでなく、加盟店にとっても顧客の囲い込みが可能で、マーケティング戦略上でも大きな効果が期待できるだろう。

 ECノウハウ