「INSTORIES」スタート!広告発信から購買促進まで確実に。

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区/代表:田村栄治)は、インスタグラムで1万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーを数多くネットワークするルーラ株式会社(本社:東京都港区/代表:倉澤矩之)との提携により、Instagram Stories(以下、ストーリーズ)へのリンク付き投稿広告「INSTORIES」(インストーリーズ)の提供を開始する。

大人気!Instagram Storiesのこんな使い方

ストーリーズは自分の画像や動画を編集し、24時間限定でInstagramにアップしておける機能。画像加工することもでき、若い世代を中心に流行している。
 
このストーリーズ、実は1万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーの投稿にはリンクを掲載することができる。

スパイスボックスでは、ルーラがネットワークする国内8,000アカウントのインフルエンサーを活用し、ストーリーズにwebサイトやキャンペーンLP、ECなどへのリンク付き投稿ができる「INSTORIES」(インストーリーズ)を提供する。広告主企業はInstagram上で「認知獲得」だけでなく「行動喚起」「購買促進」まで実施することが可能になる。

幅広い広告施策が可能に

近年広がるInstagramを活用したインフルエンサーマーケティングは、Instagramの投稿にURLを記載することはできてもリンクとして機能させることができず、「ブランディング・認知獲得」にとどまるのみだった。
 
「INSTORIES」(インストーリーズ)は、いま流行りのストーリーズにサイトやLP、ECなどへのリンクをつけて投稿することで、消費者が商品を知るきっかけを与えるだけでなく実際にリンクをクリックする行動を喚起し、購買に至るまでをシームレスに行うことができる。

広告効果を増大させる、最適なインフルエンサーのアサイン

インフルエンサーマーケティングで重要となってくるのが、その情報を拡散させる人選。ストーリーズの投稿にURLを記載できるのは1万人以上のフォロワーを持つインフルエンサーだが、そのようなアカウントは多数存在しているからだ。

「INSTORIES」(インストーリーズ)はインフルエンサーマーケティングに対し豊富な実績を持つスパイスボックスとルーラが連携し、インフルエンサーとブランド双方の特徴を踏まえた適切なマッチングをおこなう。特に趣味やスポーツ、特定領域のTOL(トライブ・オピニオン・リーダー)であるインフルエンサーはフォロワーとの距離が近く、投稿によってフォロワーの行動を喚起しやすいと考えられる。「INSTORIES」(インストーリーズ)はインフルエンサーが個々の強みを生かして投稿するストーリーズにリンクを挿入することで、広告効果の増大が見込める。
 
スパイスボックスは同時に、企業がTOLにアプローチしやすくする「ソーシャルトライブ調査」もローンチ。「INSTORIES」(インストーリーズ)と組み合わせて活用すれば効果は増大だ。

インプレッション数ベースの料金体系なども提供予定

フォロワー数がそのままインプレッション数ではないことは周知の事実。「INSTORIES」(インストーリーズ)ではインフルエンサーマーケティングにおいては一般的な料金体系ともいえる「フォロワー数ベース」に加え、インプレッション数やエンゲージメント数も加味した料金体系サービスの提供も予定している。

Instagram広告を確実に

かつては一方的に発信するだけだった広告は、今や消費者のアクションをリアルに手に取れるように変わってきている。これもECが発達したところの影響が大きいのはもちろんのこと、今後もますます広告が消費者のもとにしっかりと届き、ECへと確実につながる流れが確立されていくだろう。

 ECノウハウ

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録