DACとクレディセゾンが両者の強みを生かしてパーソナライズな広告配信を実現!

ECのミカタ編集部

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:島田雅也、以下 DAC)は、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区/代表:林野宏、以下 クレディセゾン)と連携。

データ事業における共同商品開発・運営を開始した。

これにより企業は、DACのDMP「AudienceOne」を通じてクレディセゾンが保有するオンライン・オフラインの購買ビッグデータを活用し、DSP「MarketOne®」をはじめとするさまざまなプラットフォームで広告配信を行うことができる。

国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム

DACが開発・提供しているDMP「AudienceOne」は、月間4.8億ユニークブラウザと9,000万のモバイル広告ID、1兆レコード以上の膨大なデータを保有。

そのデータを解析して高精度な3rdパーティデータを提供する国内最大級のデータ・マネジメント・プラットフォーム(DMP)だ。

約2,700万人のネットワークにアプローチ

一方クレディセゾンは、感度が高く消費性向の高い30~50代の女性を中心とした、約2,700万人の会員数を誇る国内最大規模のクレジットカードサービス事業を展開している。

今回の連携では、クレディセゾンの購買ビッグデータを、個人が特定できないクラスター(集団)情報に加工した上で、パーソナライズされた顧客に最適な配信をおこなう。

クラスター情報には「会員属性」や「カード決済」、「ネットサービス利用(WEBサイト閲覧)」などのデータがあり、企業はこれらを活用して「AudienceOne」と連携しているさまざまなプラットフォームで広告配信を行うことができる。もちろん各種データは、特定の個人を識別することができないように加工し、管理・活用することが大前提だ。

今後両社は、「AudienceOne」内に蓄積されているライフスタイルや嗜好性などのデータとクレディセゾンの購買ビッグデータを掛け合わせた情報を付加する顧客分析レポートの提供など、サービスの拡充を進める。

DACは、メディアレップとしてのノウハウを生かし、アドサーバーの提供などにより、クレディセゾンが運営するメディアの収益向上に向けても支援していく所存だ。

データ×ネットワークでEC拡張

膨大なデータ収集とそれを活用することと、活用する場、いわゆるマーケットを切り開いていくことは、情報過多の現代では1社の力で行うことは現実的に厳しくなってきている。

データを管理・解析するDACと、強大なマーケットを持つクレディセゾンの連携は、今のEC業界の拡張モデルのひとつといえるだろう。

 ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録