決済を自動化!アパレル向け販売・在庫管理システムOne'sClosetがBtoB決済サービスPaidと連携を開始

アパレル向け販売管理システム「One'sCloset(ワンズクローゼット)」を手掛ける株式会社フレイトリンクスジャパン(本社:大阪市 代表取締役社長:中村 貴寿)は、「One'sClosett(ワンズクローゼット)」とBtoB決済サービス「Paid(ペイド)」との連携機能のスタートについて公表した。

豊富な機能をクラウドで提供するOne'sCloset

One'sClosetは、月額定額の販売管理・在庫管理システムだ。拠点ごとの在庫管理、売掛・買掛管理、受発注残、取置・委託残の管理や、オンライン受注機能など、豊富な機能をクラウドで提供し、SuperDelivery・スマレジ・ネクストエンジン・クロスモール他モールカートとの在庫と売上連動が可能だ。

決済を自動的にPaidに送信し請求業務を代行

そのOne'sClosetが今回、決済機能を強化すべく株式会社ラクーンフィナンシャル社の決済構築サービス「Paid」とのAPI連携機能をリリースした。

【商品概要】
商品名:One'sCloset(ワンズクローゼット)
月額費用:15,000円~(税別)

【Paid連携サービス】
・取引先をPaidに招待する。
・取引の決済を自動的にPaidに送信し請求業務が代行される。

大幅に強化された決済機能

アパレル卸業務に求められる要素をワンパッケージで提供し、コストダウンと作業時間の短縮を強力に支援するOne'sCloset。クラウドでの提供ということもあり、安価に導入することが可能だ。

そのOne'sClosetが今回、BtoB決済サービスで確かな実績のあるPaidとの連携を実現させた。Paidはビッグネームをはじめ3000社以上の導入企業を誇り、与信管理から代金回収まで、後払いで発生するすべての請求業務を代行可能だ。

今回の連携によって、One'sClosetが大幅に強化されたことになる。拡大するEC市場をリードするアパレル分野だが、各業務でリソースを割かなければならないという課題をかかえる事業者も多いことだろう。そうしたEC市場で展開する事業者をはじめとしたアパレル業務を強力に支援することになりそうだ。

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録