脱ダンボール!世界初の新包装テクノロジーAirBallと置き配バッグOKIPPAが配送を変える

ECのミカタ編集部

物流系ITベンチャーYper(イーパー)株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山 智晴)と日本包装機械株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:井澤 京子)は、脱ダンボールを実現した新しい包装体での配送試験を実施することを公表した。

高騰するダンボール価格に対応

今回、Yperが手がける置き配バッグOKIPPAへの配送に、日本包装機械が開発しているAirBall(エアボール)と呼ばれる、世界初のエアー式緩衝材×シュリンクフィルム包装の新たな包装体でサンプル配送を、試験的に実施する。

2018年11月1日に、大手段ボールメーカーのレンゴー株式会社及び王子マテリア株式会社は、ともに段ボール原紙の価格を現行価格よりも8円/kg以上の値上げに踏み切った。

両者ともに古紙の海外需要の高まりや物流経費の上昇を値上げ要因として挙げているが、こうした段ボール原紙の価格上昇は、国内の段ボール消費量の5.2%を占める通販・宅配(引っ越し)用段ボールの価格にも大きな影響を及ぼすのは必至だ。特に宅配物量がピークを迎える12月は、段ボールの消費量も1年も最多となり、宅配物量の増加とともに、国内の通販・宅配で消費される段ボールの量も年々増加している。

一方、今年の夏より米中の貿易摩擦を背景とした、急激な段ボール輸出量の増加により、国内の段ボール価格も上昇し、梱包材として段ボールを大量に利用する通販事業者にとっては、悩みの種である。

そうした状況の中、日本包装機械は段ボールを使用しないエアー式緩衝材×シュリンクフィルム包装の新たな包装体を提案している。今回、通販物流の川上から川下まで脱段ボールで完結させる取り組みとして、OKIPPAとAirBallのコラボが実現したのだ。

受取に大きな自由を『置き配バッグOKIPPA』

置き配バッグOKIPPAとは、通常の置き配と堅牢な宅配ボックスの中間に位置し、スペースのない場所にも手軽に宅配ボックス環境を提供できる製品である。玄関口に固定する専用ロックと内鍵(ダイヤル式南京錠)が付属しており、ダンボール箱を指定場所に置いてくる通常の置き配と比較し、盗難や個人情報漏洩のリスクが少ない。

また、収納時は手のひらサイズまで折りたたみ可能で、設置工事は発生せず、女性でも簡単に取り付けが可能。専用のOKIPPAアプリと併用することで、OKIPPAバッグに荷物が預入されるとアプリに通知が入る仕組み。盗難が心配な場合には、アプリのプレミアムプラン(有料オプション)である置き配保険が利用可能だ。ドアノブの形状にもよるが、専用の結束バンドが付属されており、大抵のドアノブ(L字型、丸型等)には取り付けが可能だ。

世界初の新包装形態『AirBall』

AirBall(エアボール)とは、日本包装機械が開発した世界初の新包装形態の名称であり、エアー式緩衝材とシュリンクフィルムの組合せで商品自体を直接包装し、「脱段ボール」、段ボールなしでそのまま配送も簡単にできる。

また同社はエアー式緩衝材と贈答品向ギフトラベル包装機を応用し、エアボールを自動包装化するシステムの開発、製造販売も手掛けている。脱段ボールを実現することで、資材費を約半分に抑えられ、段ボールのようにかさ張らないので物流の効率化にも貢献できるとしている。

荷物を受取る側も段ボールより製品サイズに合わせたコンパクト包装なので、開封したら空気を抜くだけでフィルム状になるため簡単に処理できゴミの削減につながる。日本包装機械は、このエアボール包装形態の商標登録、国際特許出願と自動包装機の特許出願を済ませており、同社のみが扱える包装形態と自動包装機(以下、写真)である。市販の定型サイズ箱の包装であれば全自動化することが可能だ。

エアボール包装で荷姿を大幅にコンパクトに

また現在、OKIPPAアプリ内でOKIPPAバッグ利用者への無料サンプル配送キャンペーンを実施中だ。このサンプルの配送向け包装を、エアボールを用いて実施しており、エアー式緩衝材の形状はマル型だけでなく様々なカラーやタイプがあり、星型やハート型、そしてシュリンクフィルムのカラー変更、ロゴ入れも可能となっている。

さらにエアボール自動包装機システムのスタンダード機は贈答品向に多くの百貨店で納入実績がある。定形外の商品に関しても、小型の半自動シュリンク包装機でサンプル品包装が可能だ。同じ容積のOKIPPAバッグにも、通常の段ボール梱包では5箱しか預入不可であるが、エアボール包装であれば商品を40個預入でき、商品形状によってはエアボール包装をすることで荷姿を大幅に小さくすることができる。

同社が指摘するように昨今、ダンボール価格は高騰している。こうした値上げは、当然にしてECを支える物流の現場にダイレクトに影響することは避けがたい。こうした状況に対応したエアボールと置き配バッグOKIPPAの連携は、EC事業者のみならず、C to Cの面でも大きな可能性を広げることにもなるだろう。

また荷物をコンパクトにできれば、配送料金や倉庫の面をはじめ、コスト削減への寄与にも期待がかかる。まさにテクノロジーとアイデアの結晶とも言え、今後の配送の在り方そのものを変えていく大きな一歩となるかも知れない。

 


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録