ツイッターから企業ページに遷移する層が増加傾向に【マイボイスコム調べ】

ECのミカタ編集部

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、10回目となる『Twitterの利用』に関するインターネット調査を2018年12月1日~5日に実施し10,340件の回答を集め、その調査結果を公表した。

Twitter利用率は微増

Twitter利用率(「登録しており、閲覧・フォローだけでなく、投稿や返信もしている」「登録しており、閲覧・フォローが中心」の合計)は3割弱だった。これと、「登録しているが利用していない」をあわせた登録率は4割弱となった。過去調査と比べ、利用率は微増傾向だった。

世代間で利用動向に差

Twitterの利用意向者(「利用したいと思う」「まあ利用したいと思う」の合計)は25.0%、非利用意向者(「利用したいと思わない」「あまり利用したいと思わない」の合計)は56.1%だった。2014年調査以降、利用意向者の比率が増加傾向です。利用意向者の比率は若年層ほど高い傾向で、10・20代6割、30代4割弱、40・50代2~3割、60・70代1割強と年代差が大きくなっている。

Twitterへのアクセス頻度は、「1日1~4回」が利用者の4割弱でボリュームゾーンとなった。1日1回以上アクセスする人は、利用者の6割だった。10~30代では7~8割と高くなっている。1日10回以上のヘビーユーザーは利用者の1割強だった。10・20代では各3割弱で、若年層でのアクセス頻度が高い傾向がうかがえるとしている。

またTwitterでつぶやく人は、利用者の5割弱で、若年層ほど高い傾向です。過去調査と比べ減少傾向となっている。1日1回以上つぶやく人は、利用者の1割強だった。10・20代は2割強で、若年層での頻度が高い傾向が浮き彫りとなった。また投稿・返信をする『積極利用層』では4割弱となっている。

Twitterはプロモーションにも有効か

Twitter利用目的は、「最新情報、リアルタイムでの情報収集」「有名人・著名人などのつぶやきを閲覧する」が利用者の各4割、「話題の出来事に関する情報収集」「リアルな(普段からの)友人・知人とのコミュニケーション」「ネット上の友人・知人とのコミュニケーション」などが各2割強なっている。「有名人・著名人などのつぶやきを閲覧する」などは女性での比率が高いという結果となった。「最新情報、リアルタイムでの情報収集」は、高年代層での比率が低い傾向だった。

また直近1年間に行ったことでは、「つぶやき(ツイート)に貼られている企業サイトへのリンクに、アクセスする」「企業のTwitter公式アカウントをフォローする」「つぶやきに貼られている商品・サービス情報へのリンクにアクセスする」「Twitterと連動したキャンペーンに参加・応募する」が、Twitter利用者の各3割だった。

「つぶやき(ツイート)に貼られている商品・サービス情報へのリンクに、アクセスする」「企業のTwitter公式アカウントをフォローする」「Twitterと連動したキャンペーンに参加・応募する」などは、女性10~40代での比率がやや高い傾向だった。女性10・20代では「複数アカウントを保有し、用途によって使い分ける」が2割みられた。

根強い存在感を発揮するTwitter

調査結果にあるようにTwitter利用率3割弱、登録率4割。利用意向は全体の約25%。利用率・意向のいずれも過去調査より増加傾向だった。また利用目的は「最新情報、リアルタイムでの情報収集」「有名人・著名人などのつぶやきを閲覧」が利用者の各4割となった。

また企業のアカウントをフォローするユーザーが一定数みられるなど、EC事業におけるマーケティングやプロモーションのフィールドとしても継続して魅力的な存在とも言えるだろう。Twitterの利用者が微増傾向にあることと、同SNSが持つ拡散力を考えれば、今後ともその価値は増すことになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事