高機能AIチャットボット『GoQSmile』に接客の精度をより上げられる有人チャットボットアプリが追加

ECのミカタ編集部

ネットショップの運営者向けに受注・商品・顧客一元管理システムを提供する株式会社GoQSystem(読み:ごくーシステム、本社:東京都中央区、代表取締役:藤本 卓治)は、AIによる自動応答チャットサービス「GoQSmile(ごくースマイル)」の利用者向けに「有人チャットアプリ(iOS版・Android版)」の提供を開始した。

「まるで人間のよう」なAIチャットボットGoQSmile

GoQSmile(ごくースマイル)は、AI(人工知能)によるチャットボットが人間にかわり、自動で顧客応をするチャットボットサービスだ。まるで人とコミュニケーションをしているかのような自然なやり取りで、24時間365日、顧客の質問に応える。なお「GoQSmile」は20日間無料で試用可能だ。

新有人チャットアプリの併用でさらに精度が向上

今回、提供が開始された有人チャットアプリは、「GoQSmile(ごくースマイル)」を利用しているユーザー向けのアプリケーションだ。最大の特徴は、「GoQSmile(ごくースマイル)」と併用することで、チャットボットが対応できない複雑な質問や顧客がオペレーターを希望の場合にスムーズに有人チャットへ切り替えるハイブリッド対応が可能になることだ。

「営業時間は?」「返品できる?」等、顧客にメールや電話で頻繁にされる「質問」と「回答」をチャットボットに登録しておけば、ロボットが24時間365日対応してくれるため、問い合わせをしてきた顧客自身で簡単に疑問を解決できるようになり、スタッフが都度対応する頻度も軽減できる。

さらに、今までPCの管理画面を通して操作していたものが、スマホにアプリをインストールすることで、外出先でも簡単に問い合わせの確認や対応ができるようになったという。

ECサイトに設置して接客ツールとして活用できる

またWebサイトやECショッピングサイトへ設置して、パソコン・タブレット・スマートフォン等、どのデバイスでも利用することができるのもメリットのひとつだ。ロボットを複数のWebサイトやECサイトに設置することもでき、チャット画面の背景色や吹き出しのカスタマイズも行えるという。

さらに各種ECモールや自社サイトにも、チャットボットを設置できる点も特筆に値する。問い合わせをしてきた顧客に好みや欲しいタイプをヒアリングしながらオススメ商品を紹介したり、特集ページへ誘導したりすることも可能で、まるで実店舗のような接客が実現できるとしている。

カスタマーサポートは、顧客とのロイヤリティを醸成する上では重要なコンタクトポイントだ。一方でそのサービス品質を維持することはコストや運用の面で多くのハードルがあるのも事実だ。

こうしたチャットボットを活用することで、そのような課題を解決できるだけでなく、ECにおける新たなマーケティングやプロモーションにも活用できることになりそうだ。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録