マーケティング支援をサービス化。業務効率化に効果的な提案となるか

ECのミカタ編集部

株式会社スパイダー・ウェブマーケティング(本社:東京都豊島区/代表:大本祐介)は、代理店・制作会社・システム会社などに対して広告主提案時のマーケティング支援を行うサービスを、2019年1月より開始した。

マーケティング部分の提案支援が求められている

スパイダー・ウェブマーケティング社は、主に通販会社のデジタル領域のマーケティング支援をおこなっている。
事業戦略の見直しから新規通販事業の立ち上げ支援、それらに付随する広告運用代行や、ECサイト・LPのクリエイティブ戦略の構築など、その活動の幅は多岐にわたる。

広告主への提案にあたり、広告代理店や制作会社、システム開発会社などの関連企業と協業しているケースがあるが、その中で数社からマーケティング部分の提案支援についての要望が増えてきていた。
今回、その要望に応え、マーケティング部分の提案支援をサービス化するにいたった。

幅広い業種の企業が導入実績を持つサービス概要

具体的には、代理店や制作・システム会社と協業し、広告主への広告・クリエイティブ戦略の提案支援をおこなう。
よりマーケティング要素の強い広告・クリエイティブ戦略の提案を求められている広告主に対し、市場調査・競合調査データを分析、その広告主の市場における立ち位置を明確にしたうえで、理想とのギャップを埋める戦略ロジックの提供をおこなっている。
コンペ段階からの提案支援として参画し、受注率向上のサポートをおこなうこともある。

また、広告域全般の提案支援や、広告戦略と紐づけたUI・UX改善提案をおこない、受注後の広告運用代行と、制作・開発を分業しておこなうケースもある。

すでに導入実績のある業種は、化粧品・健康食品・インテリア・アパレルなどの通販企業や、金融、BtoBサービス、エステ、スポーツジムなど幅広い。

総合的な戦略の構築を可能に

これまでは、代理店は広告運用ができるが、データを分析してクリエイティブ戦略まで落とし込むなどの総合的な戦略の構築が不得手、などの課題があった。
一方、制作・システム会社の場合は、良い制作物・開発ができても、データの収集や広告運用実績などの数字から逆算してつくることが不得手だったりする。

今回のサービス化により、各社の不足している部分に対して補完的に提案サポートを提供することが可能となる。
結果として、これまでその会社で受注できていなかった領域の仕事も受注できるようになり、事業展開をよりスムーズなものにしていくことができる。

目的は業務効率化

各社が強みを持ち寄り、連携することで強化されるサービスもあれば、今回のように1社で完結するようにしたほうがスムーズなサービスもある。
自社の業務効率化にとってどちらが効果的か、EC事業に携わる企業はよくよく考えておきたいところだ。

 


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事