発表!女性のライフスタイル別テレビ視聴実態調査【CCCマーケティング】

ECのミカタ編集部

CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:北村和彦)は、ライフスタイル別の女性のTV視聴実態を視聴データと購買データを掛け合わせて調査・分析。その結果を発表した。

従来の区分では分類しきれない、女性のライフスタイル

マーケティングにおけるターゲット層は、M1層は20~34歳の男性、M2層は35~49歳の男性、F1層は20~34歳の女性、F2層は35~49歳の女性、などと定義されることがほとんど。
しかし、共働きが増えてきた現代では、従来の区分の中でもライフスタイルの違いによって、テレビの視聴時間などにばらつきがみられるようになった。

ライフスタイルによって視聴時間も変化!テレビ視聴調査

関東在住の子どもがいるF1層、20~34歳の女性を対象に調査したところ、専業主婦の場合は平日の14~15時半の視聴率が低下。
一方、有職主婦の場合は視聴のピークが19~20時と、ライフスタイルによって視聴のタイミングに違いがあらわれることがわかった。

休日は専業主婦も有職主婦も視聴率に大きな差はないため、平日の有職主婦のテレビ視聴は仕事に左右されていることも明らかに。

平日も休日も変わらない?消費行動とテレビ視聴の関係性

消費実態とテレビ視聴との関連性について、ベビー用おむつ購買層と深夜購買層という2つの層に分けてテレビの視聴率を調査。
結果として、どちらも平日と休日の視聴率に大きな違いはなく、深夜購買層は休日も夜遅くまでテレビを視聴するクセがついていることや、赤ちゃんのいる家庭では朝からテレビを見ることが多く、平日・休日にライフスタイルを左右されることはほとんどない、ということがわかった。

マーケティング区分の見直しを

「F1層」について細かく検証してみたことで、現代のライフスタイルは多種多様、「F1層」とひとくくりにしたターゲット層の定義に疑問を呈す結果となった。
これからのマーケティングに生かしていくためにも、一度マーケティング区分の見直しが必要となるだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事