最高貯金額は450万円、YouTubeを参考にした商品購入が30% Z世代におけるお金と購買行動に関する調査

ECのミカタ編集部

株式会社KIRINZ(本社:東京都港区/代表 :鵜池航太)は、都内46大学の女子大生500名を対象に「お金と購買行動」に関するアンケート調査を実施した。
調査期間は2019年2月15日〜3月1日。

もっともお金を使うのは「服・美容」!容姿重視のZ世代

月に何にお金を一番使っているか、という問いに対して、1位は「服・美容」という結果になった。約4割の女子大生が、月々ファッションや美容にお金をつかっていることがわかった。

今まで一番お金をつかったモノ・コトについても、1位は旅行となったものの、2位には洋服、3位に美容がランクインしている。

貯金についての質問では、1位が「していない」で約4割と、貯金を重視するより消費・投資することに注視している傾向が見られる。ただ、中には450万円貯金しているという回答もあり、女子大生の貯金事情は千差万別と言えそうだ。

購入の決め手はYouTuber動画!

「YouTubeを見て物を購入したことがありますか?」という質問については、約3割の女子大生が「ある」と回答。そのうち約5割が、YouTuberの動画を見て「コスメ」を購入していることがわかった。

インターネットなどのメディア情報に比べ、インフルエンサーによる身近なクチコミを重視している傾向がうかがえる。

ネットショッピング、キャッシュレス…ECフル活用

ネットショッピングを利用する頻度に関しては、最も多いのが「毎月利用する」で約3割。2位は「2月に一度」で全体の2割となった。

主に利用するネットショップは「ZOZOTOWN」で、約9割が利用すると回答しており、ここにもファッションを重視する傾向が反映されている。

一方、女子大生でクレジットカードを保有しているのは約6割。ネットショッピングの利用率に比例して、女子大生の間でもキャッシュレス化が進んでいることがわかった。

今後ますますECをフル活用した購買行動が増えることが見込まれる。企業はネットショッピングの充実、キャッシュレス化への対応に注力していく必要があるだろう。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事