【7pay】セブンイレブンがPayPayとメルペイ・LINE Payに対応へ 2019年7月1日から全国の店舗で利用可能に

ECのミカタ編集部

株式会社セブン‐イレブン・ジャパンは、セブン&アイ独自のバーコード決済サービスである『7pay(セブンペイ)』の利用を、全国のセブン‐イレブン20,925店(2019年4月末現在)にて7月1日(予定)より開始すると発表した。

同時に『7pay』に加え『PayPay』、『メルペイ』、『LINE Pay』の国内3社および『アリペイ(Alipay)』、『WeChat Pay(微信支付)』の海外2社を加えた5社のバーコード決済サービスについてもセブン‐イレブン店舗での利用が可能となる。

セブンイレブンがキャッシュレスに本格対応

コンビニ業界のトップランナーであるセブンイレブンだが、昨今、急速に浸透しているキャッシュレス各社のサービスには未対応の状況が続いていた。

競合するローソンやファミリーマートが主だったキャッシュレス・プラットフォームに対応しているのとは対照的と言える。しかし今回、セブンイレブンの全国の店舗が様々なQR決済への対応を予定していることが公表されたことで、その状況も一変することになりそうだ。

ECとも親和性の高いキャッシュレス決済だが、コンビニ最大手のセブンイレブンの導入により、その市場動向やキャッシュレス提供各社の勢力図にどう影響していくのか、今から注目と言えそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事