駅のデッドスペースでポップアップストアがオープン!スペースを有効活用

ECのミカタ編集部

JR東日本スタートアップ株式会社(以下「JR東日本スタートアップ」)と、ポップアップストア向けスペースを貸し借りできるオンラインマーケットプレイス「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」を運営する株式会社COUNTERWORKS(以下「カウンターワークス」)は、2019年6月4日(火)から6月30日(日)までの間、JR新宿駅南改札内とJR品川駅中央改札内の2箇所で、空きスペースの有効利用を目的とした実証実験をおこなう。

駅のデッドスペースを有効活用

実験では、JR東日本グループとカウンターワークスが、新たに共同開発したロッカーサイズの新型ポップアップストア「POP-UP BOX(ポップアップボックス)」を期間限定でオープンする。

多くの人が往来する駅構内は、催事等のニーズが高い一方で、スペースの確保が課題となっていた。
「POP-UP BOX」は駅の空きスペースに対応するべく開発され、この導入でこれまで催事等を行うことが困難だったデッドスペースの有効利用ができるほか、事業者の駅構内への出店コストや出店にかかる時間を抑えることが可能。
新たなビジネス機会やフィールド創出が期待できる。

ポップアップストア「POP-UP BOX」とは

ポップアップストア「POP-UP BOX」は、JR東日本グループとカウンターワークスが、駅の省スペース専用で開発したロッカー型の什器だ。
いくつかのユニットに分けて組み合わせることが可能で、取り扱いアイテムに応じて様々なレイアウトを実現する。

決済を交通系ICカードなどに限定したキャッシュレス店舗で、出店者は空きスペースの所有者と、利用希望者をマッチングする「SHOPCOUNTER」のネットワークを活用して募集する。
今回はカップケーキやクラフトアイスクリーム、プリンなどECサイトの人気商品を販売。
1週間ごとに商品は入れ替える予定だ。

小規模事業者にとっては出店しやすく、近年のキャッシュレスにも対応。
それも駅構内であれば交通系ICカードが利用できるのは、利用者にとっても購入しやすく便利だろう。
今後の発展に期待したい。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事