満足度No,1のアフィリエイトASPは『A8.net』 「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2019」が公表される

ECのミカタ編集部

特定非営利活動法人(NPO 法人)アフィリエイトマーケティング協会(東京都港区/理事長 丸尾恭介)は、2005年の調査以来 13回目となる「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2019」を実施し、その結果を公表した。ここではその概要についてポイントを絞って見て行く。

調査概要

同調査は、国内の主要アフィリエイトASP(以下、ASP)の協力の下、主要ASPに会員登録しているアフィリエイトサイト運営者に対して、ASPの利用状況や満足度などについてインターネット上でアンケート調査を実施したものとのことだ。

[対象]
国内主要ASP各社のアフィリエイターに調査を実施

[期間]
2019年 3 月 18日~2019 年 3 月 25 日(8日間)

[方法]
インターネット上による無記名式アンケート

[有効回答数]
2,097 件 (2017年 3,072件、2018年 2,450件 )

[調査協力]
株式会社レントラックス、株式会社ファンコミュニケーションズ、株式会社インタースペース、バリューコマース株式会社、株式会社ロンバード、株式会社フォーイット、株式会社東京コンシューマーシステム、株式会社キャナル

[調査目的]
同調査の目的は、アフィリエイト・プログラムの実態、および利用者の意識を中立的な立場で調査・公表することにより今後のアフィリエイトマーケティング業界の健全な発展と理解を促進し、現状や課題を正しく把握していくとともに、将来のあるべき姿を模索しかつ提唱してゆくことにあるとしている。

満足度トップは「A8.net」

アフィリエイターが選ぶ、一番満足しているASPとして一番多くの人数に選ばれたのは、今年も引き続き「A8.net」だった。全回答数2,097件のうち、41.4%(869 件)が「A8.net」を選択し、「afb」が18.9%(397件)で続いた。

「A8.net」の主な満足理由としては、以下があげられた。「広告数が多い(52.2%)」「稼ぎやすい広告や、自分にとって稼げる広告が多い(34.8%)」。また「afb」の主な満足理由としては、「専属担当者の対応が良い(45.3%)」となった。

さらに実際に利用中であるASPの満足度では、「A8.net」が約42.5%、次いで、「afb」が26.6%だった。

アフィリエイト収入が月100万円超は6.7%

アフィリエイトをはじめて1年未満の人が全回答者のうち38.6%と突出し、10 年以上の人は8.7%となった。

またアフィリエイトでの1ヶ月の収入は、全回答者のうち「収入なし」が29.7%となり、「1000円未満」が15.6%であった。一方で月100万円を超える割合が6.7%だった。

アフィリエイト収入が増えた人は34.5%

昨年度と比べて、アフィリエイト収入が増えた人は全回答者のうち34.5%を占めた。またアフィリエイトサイトの運営にかけている時間は、全回答者のうち「3時間以上」が25.9%となり、昨年度より若干減少した。

アフィリエイトサイトの作成に利用しているツールは、「WordPress」が最も多く、「無料ブログサービス」が続いた。

2022年の市場規模は5,368億円まで拡大

調査結果にあるように、アフィリエイターが選ぶ「満足度1位のASP」回答者数No.1は「A8.net」昨年同様、全回答者のうち 40%超が支持する結果となった。 次いで、2位に「afb」が続きました。現在利用中の満足度で「とても満足」の割合が1番高いASPは「afb」、2位には「Felmat」が続いた。

また収入状況やアフィリエイトサイトの運営にかける時間など、アフィリエイターをとりまく実情についても明らかとなっている。

アフィリエイトマーケティング協会では、株式会社矢野経済研究所「アフィリエイト市場の動向と展望2019」を引用し、2019年度のアフィリエイト市場規模は2,933億円(前年度比12.2%増)の見込みで、2022年のアフィリエイト市場規模は5,368億円まで拡大すると予測。

EC市場をはじめとしてプロモーション手段としても歴史のあるアフィリエイト。今後も根強い施策のひとつとして同市場は安定して成長していくことになりそうだ。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事