業界初クリニックEC!クリニックの集客もECで

ECのミカタ編集部

株式会社ファヴールマルシェ(本社:東京都新宿区/代表:山口恵市、以下「ファヴールマルシェ」)は、「クリニック収益向上委員会」を設立した。
物販で収益を上げながら新規患者を獲得できる、業界初のクリニック専用ネット販売サービス「クリニックEC」の提供を開始する。

ECノウハウが不足している、クリニック業界の課題

クリニックなどで患者、事業でいうところの顧客に対し、医学的根拠を基に処方されるものに、「ドクターズコスメ・サプリメント」がある。

通常のコスメやサプリメントに比べて長期間使用されるため、需要も高く長期的なリピートも狙える商材といえるが、ドクターズコスメ・サプリメント分野においてEC事業化できているところはほとんどない。

物販に力を入れていても、EC事業は準備・運用それぞれに多くの業務が発生する。通常であればEC事業をスタートするために200万円程度、また運営には最低でも「制作・運営」「物流・問い合わせ対応」などの業務に2〜3名(55万円程度/人)の人件費がかかるのが一般的とされている。

このため収益が見込めず、またネット販売に対するノウハウが不足していることもあり、EC事業に踏み出せないクリニックがほとんどだ。

クリニックのEC事業強化、イメージアップに

ファヴールマルシェは、これまで多数のドクターズコスメ・サプリメントを企画・販売し、金額にして30億を超える実績を持つ。このノウハウを基に、業界初のサービス「クリニックEC」の提供を開始する。

新サービス「クリニックEC」はネット販売に関わるサービスをすべて代行し、仕入れ・ノウハウ不足などのクリニックの事業リスクを可能な限り抑えるため、「EC事業の高収益化」「クリニックのブランドイメージ向上」「地域の見込患者発掘」などのメリットに期待できる。

本サービスでは「各クリニックECサイトのテンプレート化」「システムによる一元管理」「一括仕入れによるコストダウン」に取り組み、「月額19,800円+成果報酬」の低価格を実現した。

このサービス価格で、ECサイトの制作/運営、新ブランドの仕入れ業務、受注・決済・与信処理、商品の発送から在庫管理・売上請求、カスタマーサポート業務など、EC事業運営に欠かせない業務を請け負う。

ECのノウハウが提供されるだけでなく、ECをきっかけにクリニックを知ってもらうことで来院のきっかけを生み出す。小売業界の中でもO2Oを成功させている企業は少なくない。今回のサービスはクリニックのビジネス拡大チャンスとなるに違いない。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事