後払い決済に関する業務を効率化 『EC-Rider B2B』とジャックスグループの後払いサービス 『アトディーネ』とのAPI連携で実現

ECのミカタ編集部

株式会社フライトホールディングス(東証第二部/証券コード:3753)のグループ会社である株式会社イーシー・ライダー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:川手 正己、以下 イーシー・ライダー)は、イーシー・ライダーが提供する「EC-Rider B2B(イーシー・ライダー ビー・ツー・ビー)」と、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本 和夫、以下 ジャックス・ペイメント・ソリューションズ)の提供する後払い決済サービス「アトディーネ」とのAPI連携を開始した。

後払い決済の「アトディーネ」

「アトディーネ」は、クレジットカードを利用しない購入者や、到着した商品を確認してから支払いたい購入者が、商品受け取り後に支払うことができる後払い決済サービスだ。コンビニエンスストアや銀行など、ユーザーの身近な施設から、ユーザーアの都合のいいタイミングで支払いが可能だ。

EC事業者にとっても、商品代金をジャックス・ペイメント・ソリューションズが立替払いするため、未払いリスクなく導入できる。ジャックスグループが金融事業で培った信頼と実績で、多くのEC事業者が導入している。

BtoB専用ECサイトの「EC-Rider B2B」

法人向けの商品販売や卸売、仕入れや、材料や資材の調達など、従来、電話やFAX、メールなどで行っていた業務を、BtoB専用ECサイトの構築によってWeb化し、煩雑な業務を電子化によって正確かつ大幅に効率を高めることができる。

EDI(受発注システム)をWeb化し、インストールしているパソコンに依存することなく、シームレスな業務フローを構築したいと考える顧客事業体にも最適なECシステムとなっている。

業務効率化に寄与

その両者、イーシー・ライダー社が提供する「EC-Rider B2B(イーシー・ライダー ビー・ツー・ビー)」と、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ社の提供する後払い決済サービス「アトディーネ」とのAPI連携が開始された。

今回のAPI連携により、「EC-Rider B2B」を利用するEC事業者は「アトディーネ」を利用した決済処理が自動化されるため、業務負荷を増やすことなく「アトディーネ」を導入することが可能となる。

これにより、後払い決済に関する業務を大幅に効率化することが期待できる。ECサービスで自分が利用したい決済手段が対応していない場合、最大6割が買い物をせずに離脱するというデータもある。多様化する決済手段への対応がECビジネスの成否を左右すると言っても過言ではない。その意味でもビジネスを加速させるための注目すべき連携と言えるだろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事