【楽天】販売手数料を全額ポイント還元 フリマアプリ『ラクマ』がポイントバックキャンペーンを開催

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、運営するフリマアプリ「ラクマ」において、2019年9月2日(月)から9月30日(月)の期間中に、販売手数料(販売商品価格の3.5%)を全額ポイント還元する「ラクマの販売手数料全額ポイントバックキャンペーン」を開始した。

楽天キャッシュにチャージできる

今回のキャンペーンは、対象期間中に「ラクマ」で出品商品の取引が成立し、かつスマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を初めて利用した人を対象に、「ラクマ」における取引成立に伴う販売手数料を全額ポイント還元するというものだ。

「ラクマ」では、2018年7月より同サービスの売上金が、オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージできるようになった。「楽天ペイ(アプリ決済)」で「楽天キャッシュ」を使えるため、様々なオフラインの実店舗でも「ラクマ」の売上金を利用できる。

楽天では「今回、さらに多くのユーザーに、こうした『ラクマ』の利便性を体験してもらうべく、本キャンペーンを実施した」としている。

キャンペーン概要

◆【キャンペーン名】

「ラクマの販売手数料全額ポイントバックキャンペーン」

◆【キャンペーン概要】

同キャンペーンは、期間中、①「ラクマ」に出品した商品の取引が成立し、②「楽天ペイ(アプリ決済)」を初めて利用した人を対象に、取引成立に伴う販売手数料を全額ポイント還元するキャンペーンとなっている(還元ポイントの上限は、お1人様あたり合計800ポイントまで)。

◆【期間】

2019年9月2日(月)0:00~2019年9月30日(月)23:59

◆【対象店舗】

「楽天ペイ(アプリ決済)」でコード表示・QR読み取り・セルフでの払いが利用できる全店舗(日本国内の店舗での利用のみ対象)

◆【参加条件】

▼STEP1: キャンペーン期間中にキャンペーンにエントリー

▼STEP2: 以下の2つのミッションを達成

・ミッション1
「ラクマ」で出品した商品をキャンペーン期間中に取引成立

・ミッション2
キャンペーン期間中に「楽天ペイ(アプリ決済)」で初めて支払いをする

※これまでに「楽天ペイ(アプリ決済)」支払いをしたことがある人は対象外。
還元ポイントの上限:1人あたり800ポイントまで。

相乗効果で利用をうながす

「ラクマ」は、日本初のフリマアプリ「フリル」と、楽天のフリマアプリ「(旧)ラクマ」が2018年2月に統合して生まれたサービスだ。不用になったものを、次に必要とする人へつなぐプラットフォームとして、新しい消費の価値を生み出すことを目指している。2018年6月には、新潟県新潟市に初の地方拠点を開設し、カスタマーサポートのさらなる強化に尽力。販売手数料の安さなどを強みに、2019年7月時点で2,000万ダウンロードを突破した。

また「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカード、銀行口座を登録して、スマホアプリで支払いができるサービスだ。利用者は、対象店舗でお買い物の際、店舗のタブレット端末に表示されるQRコードや印刷されたプリント型QRコードをスマホアプリで読み取る、またはスマホアプリにQRコード・バーコードを表示させて店舗側に読み取ってもらうことで支払いが可能となる。さらに同サービスを利用することで、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできる。

今回、楽天のリユースEC「ラクマ」でのキャンペーンは、まさにラクマと楽天ペイの相乗効果によって利用をうながすもので、楽天のエコシステムにとどまらず、リユースECとQRコード決済市場の発展にもどのように寄与するか注目と言えそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事