アスクル、「LOHACO Insight Dive」を提供開始!データ連携でメーカーのデジタルマーケティングを支援

ECのミカタ編集部

アスクル株式会社(本社:東京都江東区/代表:吉岡晃、以下「アスクル」は、2019年8月より新たなデータマーケティング支援サービス「LOHACO Insight Dive」(ロハコ インサイトダイブ)を開始した。

メーカーとの「共創」をデータ活用で支援

アスクルは、2014年に「LOHACO EC マーケティングラボ」をスタート。

日本を代表するメーカーとともに、LOHACOのビッグデータを活用した新たなECマーケティングを探求しており、現在143社のメーカーがラボ参加企業としてともに6期目となる活動をおこなっている。

今回スタートしたサービス「LOHACO Insight Dive」は、データ活用の範囲を広げ、メーカーの保有する顧客データとLOHACOの行動・購買データを連携、メーカーのマーケティングにつなげていくことでメーカーの活動を支援する。

メーカーが顧客とのよりダイレクトなつながりを築いていくための、メーカー向けのサービスだ。

「LOHACO Insight Dive」でできること

「LOHACO ECマーケティングラボ」には多くの消費財メーカーが参加している。

近年は各社がデジタルを活用した経営をすすめており、自社の実店舗やブランドサイトの会員データなどを、メーカーの保有する顧客データを基にマーケティングを進化させていく流れが生まれている。

しかしながら、多くの企業が既存の顧客データのみでは情報が不足していると考えており、LOHACOの購買データとの連携を求める声が多く上がってきていた。

アスクルはこれまでも「データのオープン化」を掲げ、一定の制限のもとでラボ参加企業にデータを開放してきていたが、今回はより一歩進んで、LOHACOの購買・行動データを柔軟かつシームレスに連携させるサービスをスタートさせた。

これまではLOHACOの販売促進施策以外でのデータ活用は認められていなかったが、今回のサービス提供によりデータ活用できる範囲を広げることが可能となり、メーカーは自社のマーケティング活動とEC上の購買結果を基にした解析を可能とし、より顧客とのつながりを強化できることが期待できる。

データを制してデジタルマーケティングを制す

現代は消費者生活のデジタル化が進み、デジタルマーケティングには成長の可能性が広がっている。

メーカーのデジタルトランスフォーメーションを促進することは、より顧客のニーズにマッチした販売促進や、顧客体験創出の一助となるだろう。

LOHACOはデータを通じたECの発展をリードしていく所存だ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事