日本の中古品を適正価格で海外へ!中古市場と越境ECの新たな可能性

ECのミカタ編集部

株式会社ウリドキネット(本社:東京都渋谷区/代表:木暮康雄、以下「ウリドキネット」)と、イーベイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区/代表:佐藤丈彦、以下「イーベイ・ジャパン」)は、業務提携することを発表した。

国内中古市場活性化と国内外における適正価格での取引実現に

今回の業務提携は、国内中古市場の活性化と、ウリドキに代表される国内CtoBとeBayに代表される海外BtoCを通じた適正な価格での取引実現という目的のもと行われたものだ。

業務提携の一環として、イーベイ・ジャパンの「eBay.com」のデータ提供によって、「ウリドキ」に登録している買取店が、査定対象商品の海外における取引成立価格を参考にできるサービスが2019年9月26日(木)からスタートする。

日本人の約6割がモノを売っていない!

経済産業省の調査によると、日本の家庭ではリユース価格にして年間7.6兆円の不用品が生まれていると推定されている。

一方で、日本品の約6割がモノを売っていないというデータも出ているという。

越境ECにおいては、日本の中古品は品質やサービス性の高さからかつてないほどの需要が高まっているといわれている。

そこで今回の提携によって、プロの査定士を有する買取店とのネットワークを持つウリドキネットと、世界最大のオンライン・マーケットプレイス「eBay.com」への出店を通じた日本セラーの越境EC支援が実現した。

世界190カ国のバイヤーにリーチ!越境市場の活性化にもつながる

今回のサービス提供によって、イーベイ・ジャパンは世界190ヶ国のバイヤーに対し、プロの査定士が鑑定した高品質の中古商材の販売を強化することができる。

一方でウリドキネットは、「eBay.com」上での取引価格情報を連携することで、中古商品取引価格のグローバルスタンダード化を促進することができる。

中古商品の適正価格が浸透し、国内中古市場が活性化することはもちろん、越境市場が拡大することも期待できる。

将来的にはウリドキとeBay.comを通じて、買取から越境販売までを一貫しておこなえる仕組みの実現を目指す。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事