越境EC専用一元管理システムlismoa、10か国に対応

ECのミカタ編集部

株式会社illustrious(本社:愛媛県松山市/代表:永木貴幸)は、2019年10月1日(火)に越境EC専用一元管理システム「lismoa」で、10カ国の販売に対応するアップデートをおこなった。

lismoaひとつで管理が可能

lismoaは、越境EC専用の一元管理システムだ。

APIによる連携により、受注データの自動取り込みや、キャンセル・返金等の対応をすべてlismoaから完結でき、作業効率を大幅に向上させることができる。

今回のアップデートを経て対応したプラットフォームは、計10か国になる。

amazonにおいては北米、カナダ、メキシコ、ヨーロッパ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、アジア・オセアニア、日本、オーストラリア。

その他のプラットフォームはアメリカを拠点とするebay、カナダからグローバルに展開するshopify、日本では言わずと知れたYahoo!ショッピングなどに対応する。

越境ECのサポートにぴったりな3つの特徴

lismoaが越境EC専用の一元管理システムとして評価されるのは、3つの特徴が要因にある。

1)国内に送るように海外に配送ができる
国際郵便用の送り状ソフトである「国際郵便マイページ」、「国際郵便サポートシステム」に対応しているため、海外配送に不慣れでも、国内出荷と同じように世界中に出荷をすることができる。

2)複数の通貨に対応
10カ国、8種類の通貨に対応しているため、売上や利益などもすべてメイン通貨に自動換算して閲覧することができる。

仕入が中国元、売上がユーロでも、為替自動換算をおこなって円表記で閲覧が可能となるため、表計算ソフトなどでの計算は一切不要となる。

3)バックヤード業務をすべて自動化
受注から出荷までの受注管理や、発注から入庫・出庫までの在庫管理など、バックヤードのすべての業務を効率化・自動化する。

人的ミスの低減や、時間的コストの削減につながり、空いた時間を商品リサーチや市場開拓に使うことができる。

30日間の無料トライアルを実施

lismoaは30日無料トライアルを受付中だ。クレジットカードが不要で、導入チャットサポートもついてくるため、気軽に試すことができる。なお、近日中に在庫同期機能も実装予定だ。

全10カ国に対応した在庫同期システムは、国内でも珍しい。越境ECに挑戦するEC事業者は、サポートにlismoaを活用してみてはいかがだろうか。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事