Amazon Payが新機能『Web接客型Amazon Pay』をリリース フォーム入力時の負担を減らし「カゴ落ち」軽減にも寄与

ECのミカタ編集部

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」が、10月8日(火)より、ユーザーの快適なオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」の提供を開始することを公表した。

EC事業者は入力フォームの離脱率改善が期待できる

Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」が、10月8日(火)より、ユーザーの快適なオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」の提供を開始することを公表した。

Web接客型Amazon Payは、オンラインショッピングサイトにおいて新規の顧客がより少ない情報入力で買い物ができるよう、配送先情報やクレジットカード情報の入力フォームに登場するポップアップウィンドウやチャット内などで、Amazonアカウントを使って手軽にログイン・支払いができることを提案する新機能だ。

こうしたAmazon Payによる簡便な購入方法をWeb接客手法によって案内することで、情報入力に負担を感じているAmazonアカウントを持っているユーザーにスムーズで快適な買い物体験を提供する。

またオンラインショッピングサイトを運営する事業者はこの機能を活用することで、自社サイトにおける新規の顧客の利便性を高めることができ、入力フォームの離脱率の改善が期待できるとしている。

「Web接客型Amazon Pay」の表示例

◆STEP1

(1)購入方法選択画面で、「会員登録せずに購入」を選択。

(2)入力フォーム画面において、簡便な購入方法をご案内するメッセージが適切なタイミングで登場。

(3)さらにAmazon Payによる簡単な購入体験をご提案するポップアップウィンドウが登場。

◆STEP2

(1)購入方法選択画面で、「会員登録せずに購入」を選択。

(2)入力フォーム画面において、Amazon Payによる簡便な購入方法をご提案するポップアップウィンドウが適切なタイミングで登場。

◆STEP3

チャット型のWeb接客ツール内でも適切なタイミングでAmazon Payを案内して決済可能。

「カゴ落ち」軽減にも寄与

アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部本部長の井野川拓也氏は、以下のように述べている。

「この度、Web接客型Amazon Payの提供を開始することができ、大変嬉しく思っております。この新機能により、初めて訪れるオンラインショッピングサイトにおいてお客様のお買い物体験がより良いものになり、その結果、自社サイトを運営される事業者様の事業の成長を支援できるものと思っております。引き続き、Amazon Payはサービスの向上に努めてまいります。」

また同日よりWeb接客型Amazon Payに対応するパートナー企業各社は以下のようにコメントしている。

■GMOメイクショップ株式会社(ECプラットフォーム「MakeShop」を提供)

「Web接客型Amazon Payがお客様に対してAmazon Payによる便利で簡単な決済方法をポップアップ表示で提案することにより、オンラインショップのコンバージョン率の向上が期待できると考えています。『MakeShop』はWeb接客型Amazon Payに対応することで、オンラインショップ運営事業者様の売上拡大を支援してまいります。」

■株式会社プレイド(顧客体験プラットフォーム「KARTE」を提供)

「当社は『KARTE』を通じて、より良い顧客体験(CX)を実現したいと考えており、お客様の文脈に合わせて訴求できるポップアップ機能として、今回、Web接客型Amazon Payを実装しました。オンラインショッピングにおける購入時の登録など、お客様が不便を感じるタイミングに合わせた訴求により、EC事業者様は成約率の向上を目指すことが可能になります。」

■株式会社SUPER STUDIO(EC基幹システム「EC Force」を提供)

「お客様は決済方法を選択する時に迷われるケースが多く、カゴ落ちの原因になっています。この度、Web接客型Amazon Payと弊社が開発した離脱ポップアップツールとの親和性を活かして、EC事業者様のカゴ落ち軽減に寄与できればと考えています。」

■株式会社テモナ(ECプラットフォーム「サブスクストア」を提供)

「『サブスクストア』をご利用のEC事業者様が、チャットボット『qualva』を使ってWeb接客型Amazon Payを実装することにより、お客様はAmazonアカウントでログインするだけで購入時に必要な個人情報の入力を省くことができ、よりスムーズなお買い物が可能になります。」

■株式会社イー・エージェンシー(マーケティングオートメーションツール

「CART RECOVERY」を提供)
「この度、Web接客型Amazon Payに対応することで、これまで弊社のサービスではできなかったAmazon Payのポップアップ表示が可能になり、カゴ落ち前にお客様へ有効なアプローチを行うことができるようになりました。今後も事業者様の売上向上に貢献できるサービスの提供を目指していきたいと思います。」

■Emotion Intelligence株式会社(ウェブ接客ツール「ZenClerk」を提供)

「弊社のウェブ接客ツールは、お客様による購入やお申込みの体験をより快適なものにするサポートをしています。今回、Web接客型Amazon Payに対応することにより、決済直前の煩雑なフォーム入力による離脱を低減し、ECサイト事業者様の更なる売上拡大に寄与してまいります。」

■株式会社Sprocket(ウェブ接客ツール「Sprocket」を提供)

「当社は、『ツール+プロデューサー』の一連したサポート体制により、実際に店舗で触れあっているような接客体験をオンラインでも実現しています。弊社のウェブ接客ツール『Sprocket』が、Web接客型Amazon Payの機能に対応することで、接客体験がより充実したものになり、購入や会員登録などのコンバージョン率をさらに向上させることができると期待しています。」

■株式会社PROFESSY(チャットボット「qualva」を提供)

「Amazon Payは事業者様から新規導入のご依頼を多くいただいており、また定期販売を行うECサイトでも導入が増えています。さらに、Amazon Payが導入されたスマートフォンサイトでは、お客様が数タップで簡単に決済まで進むことができ、弊社が提供するチャットボット『qualva』のユーザビリティとの親和性が高いことから、この度、Web接客型Amazon Payに対応することになりました。」

ユーザーの利便性を高めつつ事業者はフォーム入力時の離脱やカゴ落ちを回避できるAmazon Pay。今回の新機能追加によりその価値が一層高まることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事