Amazonがアジア戦略での新たな布石 シンガポールにおいて『Amazon.sg』の提供を開始

ECのミカタ編集部

Amazonはシンガポールにおいて同プラットフォームサービスである「Amazon.sg」の立ち上げを公表した。このとこでシンガポールの消費者は「書籍・ビデオゲーム・家庭用電化製品・ベビー用品とおもちゃ・家庭と台所用品」などのAmazonが誇る豊富なカテゴリと品揃えから選んで購入が可能となる。

3億人超のアクティブな顧客アカウントにアクセスできる

Amazon.sgの立ち上げにより、シンガポールの企業はAmazonで製品を販売し、より多くの顧客にリーチし、ビジネスを拡大することが容易となる。Amazonは、販売パートナーが簡単なリストツール、支払い処理とクレジットカード詐欺防止、プロモーション機能、販売を改善するためのレポートと分析機能などを提供する。

Amazonのストアは顧客を数百万製品に結び付け、販売パートナー(その多くは中小企業)を支援し、世界中で3億を超えるアクティブな顧客アカウントにリーチできる。2018年には世界中のAmazonの店舗で100万ドルを超える中小企業(SMB)の数が20%増加したという。アマゾンの店舗で販売しているSMBは、世界中で推定160万人の雇用を生み出している。

もちろんAmazon.sgでもプライムメンバーはプライムビデオにもアクセス可能だ。Amazonオリジナル作品やハリウッド作品をはじめとする人気映画やテレビ番組を提供。ゲーム好きなプライム会員は、Twitch Primeが提供する無料のコンテンツなどを利用できる。ユーザーは30日間の無料トライアルにサインアップしてPrimeを試用でき、その後は月に2.99ドルでPrime関連サービスを継続して楽しめる。

新たなビジネスチャンスを生み出す

「Amazon.sg」の立ち上げに際して各キーパーソンは次のように述べている。

「私たちは8か国でAmazonの誇りあるパートナーであり、Amazonが我が家のシンガポールで発売されることを楽しみにしています。これはAmazonだけでなく、私たちのような事業者にとっても素晴らしい機会になると信じています。」- アレックスOstrowski、共同創設者、超新星グループの最高経営責任者(CEO)

「アマゾンのシンガポールでのマーケットプレイスの発売おめでとうございます。製品とビジネスのエクスポージャーを拡大するためにアマゾンシンガポールとのこのビジネス・ジャーニーを開始することに興奮しています。」 -Counter11 LLP共同設立者、Joan Tan

「AmazonのFBA(Fulfillment by Amazon)プログラムは迅速かつ効率的で、顧客が期限内に購入を受け取ることができます。シンガポールの立ち上げは、ビジネスの促進に役立つことがわかっているので興奮しています。」 -Teo Shi Jie、Lend Me UR earsの創設者

シンガポールの顧客の信頼を獲得するために引き続き努力

またAmazonシンガポールカントリーマネージャー ヘンリーロー氏は次のように述べている。

「Amazon.sgでは、顧客が私たちに求めているものを提供したいと考えています。誰もがデスクトップとモバイルで買い物ができ、Amazonと信頼できる売り手からの地域および世界での迅速で信頼性の高い配送を利用可能です。また、プライム会員にさらに多くのメリットをもたらします。今日はシンガポールでの私たちの次のステップであり、製品範囲を拡大し、低価格を確保し、便利で信頼できるショッピング体験を提供することにより、シンガポールの顧客の信頼を獲得するために引き続き努力します。」

EC先進国であり巨大な市場を有する中国においては現地のECプラットフォーマーに後塵を拝してきたAmazon。そのAmazonがアジアにおいて新たな展開先に選んだのは中華文化の影響が色濃く世界の金融センターでもあるシンガポールとなった。同社が今後アジア圏においてどのような戦略的展開をしていくのか、大いに注目と言えそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事