Amazonにおける販促活動を強力に支援 トランスコスモスがAmazon広告マネージドプラットフォーム『Quartile』を提供するクォータイル社と戦略的業務提携

ECのミカタ編集部

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、Amazon広告マネージドプラットフォームの先進企業であるQuartile LLC(本社:New York、 CEO:Daniel Knijnik ダニエル クニジュニク、 以下、クォータイル社)と業務提携し、Amazonでの商品販売に関連する事業者(取引先企業および販売事業者)を対象に「Quartile」の提供を開始した。これは日本国内の代理店としては初めての取り組みとしており、同社はこれを契機にクォータイル社の日本における事業展開を戦略的パートナーとしてサポートしていく方針だ。

Amazonの総売上10億ドル以上を管理

クォータイル社は、世界11カ国・1,100以上のブランドからなるAmazonの総売上10億ドル以上を管理し、Amazon広告の先行市場である北米において他社を牽引する存在だ。

そしてクォータイル社が提供する「Quartile」は、広告運用におけるPDCAの高速化および品質向上を実現し、顧客企業のAmazonにおける販促活動の飛躍的な加速を支援している。

また「Quartile」とスポンサー広告API(*)をシームレスに連携したデータは、クォータイル社独自のアルゴリズムを用いた「AI・機械学習による最適化(ターゲティング・入札調整・予算配分)」や「検索キーワードの抽出・分析・設定」に活用し、取引先企業・販売事業者の日次アクション自動化をサポートする。

(*)スポンサー広告の管理情報へのアクセスが可能なAPI(アプリケーションプログラミングインタフェース)。日本国内でのAmazonスポンサー広告APIのサポートは2018年末に開始された。

「両社の組み合わせは完璧なマッチングだ」

クォータイル社CEO Daniel Knijnik(ダニエル クニジュニク)氏からは次のようなコメントが出されている。

「トランスコスモスとパートナーシップを結んだことを我々は大変喜ばしく思っています。Amazonにおけるマーケティング活動のプレゼンス向上を目指す日本企業にとって、トランスコスモスが日本市場で培ったノウハウとAmazon広告を最適化するQuartileのAIスキルとの組み合わせは、完璧なマッチングだと言えるでしょう」

同ソリューションの先行導入案件では、スポンサー広告を「Quartile」で3ヶ月運用した結果、売上が約1.5倍に拡大したという実績も出ており、トランスコスモスは、これらの運用知見をもとに今後もベストプラクティスを目指し、顧客企業のAmazonにおける売上拡大のための支援を強化していくとしている。

Amazonでのマーケティング効果の最大化を目指す

またトランスコスモスは今後について、クォータイル社とともにAmazonにおけるマーケティング関連サービスについて研究と開発を進め、2018年3月に設置した「Amazon向けアドマネジメントチーム」を中心に、これまで蓄積してきた数多くの広告運用実績およびノウハウを活かし、顧客企業のAmazonにおけるマーケティング効果の最大化を目指す方針だ。

EC市場において絶大な存在感を発揮するAmazon。そこにおける広告戦略の分野で力強いタッグが組まれた。今後さらにAmazonのECプラットフォームとしての重要度は増すものとみられ、今回の提携によりもたらされるソリューションは、そのフィールドで戦う事業体にとって心強い存在となりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事