SNS広告出稿ソリューションAdSISTを展開する「これから」が総額1.8億円の資金調達を実施

ECのミカタ編集部

株式会社これから(東京都新宿区、代表取締役:今泉 雄介)は、みずほキャピタル株式会社を中心とした第三者割当増資及び株式会社みずほ銀行からの融資により総額1.8億円の資金調達を実施したことを公表した。

Facebookやインスタへスムーズに広告が出せる

AdSISTはFacebookやInstagramへスムーズに広告が出せるSaaS型サービスで、創業から7年以上、自社ECコンサルティングに特化して得た経験を最大限に活用し、そのノウハウを結集して構築されているという。

同ソリューションの特徴は以下の通りだ。

◆初めての方でもチャットボット支援で最適運用

AdSISTからの質問に回答するだけで、配信戦略と配信戦術の設定が完了。あとは、すべてAdSISTが対応する。

◆頭脳は、EC専門コンサルティング会社の知見+AI

自社ECサイト1,000社のサポート実績から導き出した知見をもとに、AIが売上UPにつながる最適な広告戦略を組み立てる。

◆1日500円からワンコインで運用可能

SaaS型だから低コストを実現。これまでコストの観点から広告を見送っていた方でも広告運用が可能だ

自社EC市場全体の底上げを図る

同社によれば日本国内における自社ネットショップ数は、160万ショップ以上あるとされており、その約95%は売上が月商100万円未満という状況だという。その要因として以下の3つを挙げている。

1.集客できない
2.運営ノウハウが無い
3.リソースがない(人材・資金)

そこで同社は悩みを抱える顧客事業体に対して、誰でも簡単に広告運用できるAIを活用したチャットボット型、自動広告運用サービス「AdSIST」を提供し、その解決を図っていきたいと考えているのだ。

そのAdSISTを展開するこれから社は、みずほキャピタル株式会社を中心とした第三者割当増資及び株式会社みずほ銀行からの融資により総額1.8億円の資金調達を実施したことを公表した。同社は当該資金調達により、AdSISTの開発・マーケティング、人材採用の強化を行い、自社EC市場全体の底上げを図るとしている。

今回の資金調達を通してその同社の道筋にさらに大きな翼が与えられることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事