クックパッドマート、マンション初導入!生鮮食品をアプリから当日中に自宅で受け取れる

ECのミカタ編集部

クックパッド株式会社(本社:東京都渋谷区/代表者:岩田林平)は、生鮮食品EC「クックパッドマート」において、新たに集合住宅向けサービスを開始することを発表した。
導入第一号として2019年10月24日(木)より、三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区/代表:藤林清隆)の分譲済みマンションの居住者向けに提供を開始する。

新鮮な食材をアプリから購入できる「クックパッドマート」

生鮮食品に特化したECサービス「クックパッドマート」は、地域の販売者や生産者直送の生鮮食品をアプリから購入できるサービスだ。

個別宅配ではなく、マートステーションに配送することで配送効率を高め、利用者も自分の好きな時間に受け取れることが大きな強みだ。1品から送料無料で当日配達・集荷を実現している。

2018年9月にサービスを開始し、10月現在では東京都23区、神奈川県横浜市、川崎市が配送対象となっている。

マンションへの導入は初

集合住宅共用部に生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置することで、居住者が帰宅時に宅配ボックスから配達物を引き取るように、注文した生鮮食品を受け取ることができるようになる。

日々の買い物時間の短縮や、利便性向上が期待でき、帰宅が深夜になっても商品が受け取れる点や、外出予定がない日や天候の悪い日も自宅で買い物が完結できる点においても、利用者のニーズにマッチしたサービスといえる。

「マートステーション」はスマートロックが搭載され常時施錠されており、商品購入者のみが、受け取り時にロックを解除して扉を開けることが可能だ。

また、集合住宅やオフィスなど利用者を限定したい受け取り場所では、関係者のみ利用可能にするセキュリティ機能を付与することができ、関係者以外が商品を受け取りにくることもない。今回導入される「パークホームズ豊洲ザ レジデンス」では、本セキュリティ機能により居住者のみ利用可能になっている。

集合住宅向けサービスの導入先を募集中

クックパッドマートは、賃貸、分譲は問わずマンション、団地、社宅、学生寮など共用部を持つ、東京23区内、神奈川県横浜市、川崎市の総戸数200戸以上の集合住宅を対象に、集合住宅向けサービスの導入先を募集している。

利便性が高く、宅配業界、生産者、利用者すべてのニーズに応えるクックパッドマートのサービスが、マンションへの初導入を経て、より活動の幅が広がることに期待したい。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事