米国年末商戦に向け、日本商品の売り上げに期待!eBayで越境EC加速

ECのミカタ編集部

イーベイ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:佐藤丈彦、以下「イーベイ・ジャパン」)は、2019年度第3四半期(7-9月)の期間に日本のセラーから世界最大規模のオンライン・マーケットプレイス「eBay(イーベイ)」に出品されたアイテムの、販売動向を発表した。

日本のキャラクターが人気。カテゴリー成長率ランキング

「カテゴリー成長率ランキング」の1位は日本のおもちゃで、米国において日本のキャラクターグッズはもちろん、日本企画の商品が人気を博していることがわかる。

商品別ランキングでも、埼玉にオープンしたムーミンバレーパークの限定マグカップが1位、カードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の日本版商品が2位と、日本でしか手に入らないような商品が人気だ。

また、需要と供給のバランスの違いによって、日本では在庫が十分な商品も海外では販売中止になっていることが多く、そうした要因から日本のゲーム機がカテゴリー成長率ランキング3位にランクインしている。

ゲーム機に限らず日本商品は海外での流通量が限られているため、eBayでも人気が高く、年末商戦でも需要が高まることが予測される。

日本商品の質が高評価!カテゴリー別売上ランキング

カテゴリー別売上ランキングでは、1位の「レディースバッグ・ハンドバッグ」、2位の「時計、パーツ&アクセサリー」に続き、3位にフィルムカメラがランクインしている。

これは、日本の中古品の質の良さが反映された結果であるという。

すでに生産中止となったフィルムカメラは世界中のバイヤーが良好な個体を探しており、今後も安定的な需要が見込まれている。

「チェキ」のような新しいアナログ商品もミレニアル世代、Z世代に人気があることもあり、定番の売れ筋商品となっている。

米国のイベント商戦ラストスパートに期待大

米国では11月29日のブラックフライデーを皮切りにサイバーマンデー、クリスマスと年末商戦がスタートし、年の後半は1年で最も商品の取引が活発になる。

今年は世界的なスポーツイベントなどで来日外国人が増え、日本に対する関心も高まっていることから、越境ECにおいても日本からの出品が最も注目されている時期と言えるだろう。

セラーにとっては売り上げを伸ばす絶好のチャンスであり、日本の越境ECが活性化する好機ともいえる。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事