マガシークECサイトに「最初から賢いAIチャットボット『sAI Chat』」を導入 短期間で高精度な対応が可能に

ECのミカタ編集部

AIを活用したシステムを展開する、株式会社サイシード(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村陽二)は、同社が提供しているAIチャットボット『sAI Chat(サイチャット)』が、マガシーク株式会社が運営するファッション通販サイト「MAGASEEK」の『ヘルプ』に導入されたことを公表した。

「最初から賢いAI」を実現

同社によれば『sAI Chat』は、ユーザーの「話し言葉」を理解し、最もふさわしい回答を自動で返答、もしくは、オペレーターに提示するチャットサービスだ。海外のAIエンジンでは日本語に最適化できないことも多いが、サイシードが保有する業界固有の辞書と日本語表現の類義語辞典を活用することで、学習する前の段階で「最初から賢いAI」を実現するとしている。

同社がまとめる「自社開発のAIエンジン」の特徴は次の通りだ。

◆サービス横断のAIエンジン

AIチャットボット、FAQシステムでも共通の自社エンジンを採用しているため、社内用FAQシステムでAIを学習させた後にチャットボットで移行することも可能だ。

◆初期FAQがなくても利用可能

企業内に蓄積された対応履歴やマニュアルから、AIによる回答の元となるFAQデータを代行作成できるため、FAQの整備がハードルとなっていた企業でも少ない負担で利用できる。

◆少ない教師データで高精度を実現

機械学習の手法に独自の学習方法を組み合わせることで、賢くなるまでに数年かかる他社のAIと異なり、最初から「賢いAI」を提供できる。

◆一気通貫で導入・運用支援

同社のサービスが最大限の効果を発揮するためには、各社に応じたカスタマイズが不可欠だ。そのため業務設計・スクリプトの作成という導入支援から日々の運用改善までサポートする。

『sAI Chat』の活用方法

ホームページの『ヘルプ』ページTOPの右下部にチャットウインドウを埋め込み、顧客の問い合わせに自動で対応する。顧客は、提示されたメニューからシナリオ型で選択する方法と自由文で質問する方法、2種類の検索方法で問い合わせを行うことができる。

導入されたマガシーク株式会社が運営するファッション通販サイト「MAGASEEK」では、これまでユーザー向けのサポートページを充実することに努めてきたという。今回、取り組みの一つとして、ユーザーが抱いた疑問をその場で解決できるよう、同社の『sAI Chat』が導入されたのだ。ユーザーの疑問を効率的且つ迅速に解消できるよう『sAI Chat』の運用を行っていくとしている。

AI事業では150%の成長率を達成

またSciseedの今後の展望として次のようなコメントを出している。

「問い合わせ対応を効率化するために、AIを使ったチャットボットやFAQシステムの領域は、業界を問わず活用が期待される分野です。当社は、2015年4月に設立して以来、自社で話し言葉を理解するAIエンジンを開発し、各社の課題に合わせてオリジナルにカスタマイズしたシステムを提供してまいりました。これにより、AI事業では150%の成長率を遂げています。今後も、コールセンターと社内ヘルプデスクを主軸に、不動産業界・ゲーム業界など、問い合わせが特に多い業界内でのシェアを高め、2020年には300社への導入を目指してまいります」

AIの成長は著しくEC市場でも各分野で導入が進んでいる。今回マガシークに同社のソリューションが導入されたことで、ビジネスの成長に一役買うことはもちろん、AIのさらなる進化のプロセスに新たな足跡を残すことにもなりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事