「ヤフオク!修理保険」の提供を開始 加入300円からでリユース品の修理が可能に

ECのミカタ編集部

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之、以下「三井住友海上」)とヤフー株式会社(代表取締役社長:川邊 健太郎、以下「ヤフー」)は、あらたに「ヤフオク!修理保険の提供を開始した。

300円から加入できる

三井住友海上とヤフーは、2018年12月に両社が合意した損害保険領域におけるインシュアテック推進に関する取組の一環として、今回「ヤフオク!修理保険」の提供を開始した。

同保険はヤフーが運営するネットオークションサービス「ヤフオク!」で落札した家電製品やスマ―トフォンに、偶然に破損などが生じた場合の修理サービスを提供するものだ。「ヤフオク!」の落札者が補償期間を選択可能で、300円(家電製品、補償期間3か月間の場合)から加入できる。

「ヤフオク!修理保険」概要

[名称]
「ヤフオク!修理保険」

[加入方法]
「ヤフオク!」での商品落札後の決済画面上で加入手続を行う。ただし20歳未満の人・海外居住者・対象外となる商品の落札者は加入できない。

[保険の対象]
特定の商品カテゴリーに分類される落札価格5千円~10万円の落札商品。ただしジャンク品、改造品等は保険の対象とならない。

[補償方法]
保険の対象に、落下による破損等の補償対象となる偶然な事故が生じた場合に、限度額を上限に修繕のうえ返送する(送付困難な場合は、出張修繕となる)。

[選択可能な補償期間]
家電修理保険 :3、6、12か月間
スマホ修理保険:6、12、24か月間

[保険料水準]
300円(家電修理保険、補償期間3か月間の場合)から。補償期間、保険の対象の種類、保険金額により異なる。

※詳細条件については公式サイトを要参照。

ニーズに対応して開発

保険開発の背景として次のようなコメントが出されている。

「店頭での商品購入時に保険加入する場合と同様に、『ヤフオク!』のようなCtoC取引サービスにおいても、出品物の購入時に簡単に保険に加入したいというニーズがあります。こうしたニーズに応えるため、『ヤフオク!修理保険』では、落札時の決済画面上でワンストップで保険に加入いただくことを可能としました。また、万一の際の事故連絡やその後の手続きもスマートフォン等で簡単に行うことができます」

「ヤフオク!」の取引画面上で落札代金の支払いと合わせて簡単に加入できるだけでなく、事故連絡やその後の手続きもパソコンまたはスマートフォンから手軽に行うことができる新保険。

リユースECの活用が広がる中でこれまでは新商品のような保障を適用することは、そのスキーム上難しかったが、こうした新保険が提供されることで、よりいっそう新製品とリユース品の垣根が取り払われていくのかも知れない。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事