カード情報の非保持化を実現しながら、電話、はがき、FAXの注文をクレジットカード決済で受付可能に

ECのミカタ編集部

株式会社ロックウェーブ(本社:滋賀県大津市/代表:岩波裕之)は、カード情報非保持化サービス「Pay TG」を提供する株式会社リンク(本社:東京都港区/代表:岡田元治、以下リンク社)と提携した。

カード情報非保持化を実現するサービス「PayTG」

2018年6月1日に施行された改正割賦販売法により、カード情報の適切な保護措置としてカード情報の非保持化、またはPCI DSS準拠が義務付けられた。

カード情報非保持化を実現するためには、電話、はがき、FAXによる注文をクレジットカード決済で受け付ける加盟店は、カード情報を決済代行事業者が提供するウェブ画面への代理入力業務を別の方法に変更する必要がある。
PayTGは、貸与型決済専用端末と加盟店のPC端末を接続させることにより、受注フローを変更せずカード情報の非保持化を実現できるサービスだ。

Pay TGを導入することで、正規のカード情報を加盟店の設備内で電磁的に通過・処理・保存することなく、電話、はがき、FAXでの注文処理を行うことが可能となる。

電話、はがき、FAXの注文をクレジットカード決済で受付可能に

ロックウェーブ社の提供する「aishipR」は、ECサイト構築クラウド型プラットフォームだ。

今回の提携によって、「aishipR」を利用する加盟店は、加盟店のPCやネットワークを伝送経路として経由しない外回り方式で「カード情報の非保持化」を実現する。

リンク社が提供するPay TGの導入によって、受注業務のフローを変更することなくカード情報の非保持化を可能にすることで、電話、はがき、FAXによる注文をクレジットカード決済にて簡単に受け付けられるようになる。

注文の選択肢が増えることにより、受注件数の向上に貢献することが期待される。

次世代のECサイト構築クラウド型プラットフォーム

aishipRは次世代のECサイト構築クラウド型プラットフォームだ。

モバイルファーストにこだわり、「スマホで売れる」ECサイトを実現し、ASP型ながら独自機能カスタマイズにも対応する。

信頼性の高いAWSを基盤に、デザイン自由度が高いCMSや充実した基本機能で大規模ECサイトの構築にも応える。

レスポンシブ専用のECプラットフォーム「aishipR」では、今後もECサイト運営者への集客、売上拡大を目指し、サービス品質強化のための取り組みを継続し、システム改良や優良なサービスへの対応を進めていく所存だ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事