ネットとリアルの広告効果を可視化する『ローカルフォリオダッシュボードβ版』の提供を開始

ECのミカタ編集部

株式会社ローカルフォリオ(英語表記:LocalFolio Inc.、本社:東京都港区、代表取締役社長:小林 治郎)は、同社が運営するAI広告運用サービス「LocalFolio(ローカルフォリオ)」を利用する広告主や広告代理店向けに新機能『ローカルフォリオ ダッシュボード(仮称)』β版の提供を開始した。

より精度の高い広告予算設定が可能に

インターネット広告代理店のローカルフォリオは、同社が運営するAI広告運用サービス「LocalFolio(ローカルフォリオ)」を利用する広告主や広告代理店向けに新機能『ローカルフォリオ ダッシュボード(仮称)』β版の提供を1月27日より開始した。

これにより、『ローカルフォリオ ダッシュボード』の利用者は、いつでも自社の広告パフォーマンス等を確認・分析することができ、より精緻な広告予算の設定が可能となるとしている。

◆LocalFolio(ローカルフォリオ)概要

[サービス提供開始]
2019年9月2日(月)

[料金]
都度見積もり

[対象媒体]
Google・Yahoo!・Facebook・Instagram

[特長]
顧客企業は、広告運用媒体を選定する必要なく、AIが入札単価調整・広告予算の配分を自動化/感情の理解が必要なホームページの修正や広告文は人が対応/電話計測にも対応/日次レポートでは媒体単体、全体を一元で閲覧可能/対応広告媒体の拡充予定/コンサルタントによるパフォーマンス報告と改善提案を月に一度の定例会にて実施

SNS広告の効果をリアルタイムで確認できる

新機能の概要

「ローカルフォリオ ダッシュボード」は、インターネット広告の入札単価調整と予算配分をAIで自動最適化する広告運用代行サービス「LocalFolio(ローカルフォリオ)」の利用企業に対して提供する新機能だ。

広告主または広告代理店が、GoogleやYahoo!のリスティング広告およびディスプレイ広告、SNS広告のパフォーマンスをリアルタイムで確認・分析することができ、必要なデータをCSV形式にてダウンロードすることも可能としている。

ネットとリアルの広告効果を可視化

さらに新機能では、運用型広告のパフォーマンス管理に加えコールトラッキングにも対応しており、電話を含めたコンバージョンの計測や、電話によるコンバージョンが生じたキーワードの可視化、通話録音による電話の内容の確認等にも対応し、オンラインとオフラインの広告パフォーマンスをトータルで可視化する。

これまで広告代理店へ運用型広告の出稿を委託している広告主は、広告パフォーマンスを月に1度のレポーティングによって確認することが通例だったが、『ローカルフォリオ ダッシュボード』を利用することで、24時間365日いつでも自社が出稿している広告のパフォーマンスを確認・分析することが可能になる。これらの機能を通してEC市場をはじめとした多くの企業のビジネスを加速させることになりそうだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事