スナップがもたらす顧客とのロイヤリティ フューチャーショップがコーディネートスナップを活用した販促支援サービス『SNAPBOARD』との連携を開始

ECのミカタ編集部

株式会社ガイアックス(所在地:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)が提供する販促支援サービス「SNAPBOARD」は、ECサイト構築の「futureshop」との連携を開始した。

ブランドイメージ・売り上げ向上を支援

ガイアックス社が提供するコーディネートスナップを活用した販促支援サービス「SNAPBOARD」は、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」との連携を開始した。ガイアックスによれば、連携によって今後は「futureshop」利用者はより手軽に「SNAPBOARD」を導入し、コーディネートスナップでの集客・販売・分析が可能となるとしている。

なおコーディネートスナップとは服やアクセサリを着こなした写真のことで、同社によればコーディネートスナップの活用により、ブランドイメージ向上や商品購買に寄与する。

◆サービス利用料金
「SNAPBOARD」
初期費用:100,000円(税別)
月額費用:48,000円(税別)

「futureshop」「SNAPBOARD連携オプション」
初期費用:10,000円(税別)
月額費用:25,000円(税別)

詳細は各公式サービスページを要参照

連携を通して集客に貢献

「SNAPBOARD」は、ECサイトや店舗の集客に欠かせない販売員のコーディネートスナップを「投稿」「表示」「評価」できる販促支援サービスとなっている。ECサイトに数行のコードを埋め込むだけで、コーディネートスナップを表示でき、またそれらを経由した売上(ECサイト売上貢献)の可視化が可能で、販売員のモチベーション向上や評価にも活用可能だ。

またコーディネートスナップは販売員のファン醸成にも繋がるため、ECサイトへの集客だけでなく、店舗への来店促進・売上アップへの貢献も期待できる。同社では今回の連携によって次の内容が可能になるとしている。

・コーディネートスナップの表示
・コーディネートスナップを経由した売上の可視化
・「futureshop」の管理画面で登録した商品マスターデータの自動取り込み反映

2020年末までに30社の導入を目指す

同社では連携機能提供の背景として次のように述べている。

「昨今アパレル業界では、販売員がコーディネートスナップや、商品入荷情報などをSNSに投稿することで、消費者とのコミュニケーションを図り、集客、販売促進につなげる動きが増えてきています。また、ECサイトではクオリティーの高い商品写真に加え、親近感のあるコーディネートスナップを表示することで、売上が増加する傾向があります。今後はアパレル業界はもちろん、雑貨やインテリア、その他ホビーなどの業界においても、同様の効果が期待できると考えています。そうした状況下、『futureshop』利用者様からのコーディネートスナップの表示と、それによる売上の可視化を手軽に始めたいというお問い合わせをきっかけに、機能連携にいたりました。
(中略)
導入企業の声を基に、サービスのブラッシュアップや新機能の追加をしていきながら、2020年末までに30社の導入を目指します。また昨今、コーディネートスナップの掲載は、インテリアや雑貨、その他ホビー業界においてもニーズが高まりつつあり、今後はアパレル業界以外の企業へも、積極的にサービス提供をおこなっていきます」

同社も述べているように、今やSNSとアパレルECは切っても切れない関係となっている。ビジュアルを通したコーデ情報の発信は、多くのファンの心をつかみ、ブランドとのロイヤリティ構築に大きな力を発揮する。今回の連携では、今後さらにアパレル分野以外での展開も視野に入れているとしており、サービスの広がりにも期待がかかるところだ。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事