最短10分で自社ECサイトを開設できる?!Yahoo! JAPANのショッピングシステム「XSエンジン」を利用した「shopleap」提供開始

ECのミカタ編集部

株式会社B-SLASH(本社:東京都港区/代表:粕谷吉正)が提供するYahoo!ショッピング対応ネットショップ繁盛ツールの決定版「B-Space(ビースペース)」から、Yahoo! JAPANのショッピングシステム「XS(クロスショッピング)エンジン」を利用した中小規模向けサービスとして、簡単に自社ECサイトを開設することができる「shopleap(ショップリープ)」の提供を2020年3月26日から開始した。

「最短10分」で自社ECサイトを開設

「shopleap」は、「B-Space」の使い放題プランを契約しているユーザーが利用できるサービスだ。

店のイメージに合ったデザインを簡単に制作して、独自ドメインで公開することができる。Yahoo!ショッピングと商品・在庫・配送が一元化されているため、複雑な手続きや書類提出などが一切不要となる。

別途取得料金はかかるが、取得したオリジナルのドメインで自社ECサイトを開店することができ、.jp .com .shopなど、さまざまな種類のドメインが用意されている。

常時SSLも標準搭載し、安心安全の独自ECサイト運営が可能だ。

3つの課題を解決し、自社ECサイト開設をサポート

「shopleap」の活用によって、自社ECサイト開設の障壁となる3つの課題を解決することが期待される。

1)商品管理などの運用
自社ECで掲載する商品はYahoo!ショッピングと同じデータを使用するため、自社EC用に商品を登録する手間が省ける。商品・注文・配送・在庫などの運用はすべて「XSエンジン」を利用して一括管理するため、Yahoo!ショッピングと自社ECサイトで2重運用になることもなく、工数を大幅に削減できる。

2)制作費用
本サービスは「B-Space」を利用しているユーザーが使えるサービスだ。追加料金はかからずに、豊富なテーマからお店のイメージにあったテーマを選んで簡単に店に設定することができる。

ランキングやおススメ商品などをドラック&ドロップで自由自在にカスタマイズ、自分で店のデザインを完成させることも可能だ。

3)開店審査や書類準備
本サービスの利用にあたって、新たに申込書や書類の準備は不要で、面倒な手続きも一切ない。Yahoo!ショッピングと商品詳細ページやカートの仕組みが共通化されているため、決済や商品代金の回収などはすべてYahoo!ショッピングと一括管理になる。

自社ECサイトのハードルを取り除く

これまで自社ECサイト開設は、制作や更新に関する費用、商品管理や物流の手間、決済に関する審査や書類の準備など多くの課題があり、踏み出しにくいものだった。

特に費用やリソースに限りのある中小規模の企業やチーム、個人にとっては、自社ECサイトの開設はハードルの高いものだったと言える。

「shopleap」の登場によって、より多くの企業や個人が自社ECサイトの開設に着手しやすくなる。また、ヤフーの保有する膨大なデータを使ってマーケティングなども期待ができるのではないだろうか。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事