BtoB出荷の自動化を実現!清長のクラウド物流サービス「LogiMoPro」とBtoBの受発注業務をEC化するクラウドサービス「Bカート」がAPI連携

ECのミカタ編集部

クラウド型物流アウトソーシングサービス「LogiMoPro」を提供する株式会社清長(本社:東京都港区、代表取締役社長:曽我部 完)は、株式会社Dai (本社:京都府京都市中京区、代表取締役:木脇 和政)が運営するBtoBの受発注業務をEC化するクラウドサービス「Bカート」(以下、Bカート)とAPI連携し、BtoBにおける自動出荷サービスをリリースした。「Bカート」を利用しているEC事業者は、「LogiMoPro」を利用することで、出荷作業の負担を大幅に削減できる。

サービス概要

BtoB出荷を行っている事業者にとって、自社倉庫での出荷作業や、委託先倉庫への出荷指示データの作成、入出荷実績のシステム反映や出荷お知らせメールの送信などの物流関連業務は大きな負担となっている。

今回リリースされた連携サービスでは、「Bカート」上の受注データをLogiMoPro倉庫へ自動的に引き渡し、出荷までの全ての作業の自動化を実現する。また、商品マスタや入出荷実績を自動連携させ、商品情報のアップデートやLogiMoPro倉庫と「Bカート」の在庫数を同期することも可能である。

基本機能と導入メリット

「LogiMoPro」と「Bカート」連携による事業者のメリット

・スタッフ不在時や急な出荷数の増加があっても安定した出荷スピードを確保できる。(購入者の満足度向上が期待できる。)
・空いた時間を新商品開拓やセールスプロモーションなどのコア業務に有効活用できるようになる。

「LogiMoPro」の特徴

「LogiMoPro」は、中小規模のEC事業者を対象としたクラウド物流アウトソーシングサービスだ。「LogiMoPro」に委託した物流業務はクラウド上で管理でき、EC運営の少数精鋭化を実現する。

「Bカート」の特徴

「Bカート」は、BtoBの受発注業務をEC化することができるサービスだ。月額9,800円〜、最短3日でスタートすることができ、BtoCのカートシステムでは対応しきれない、BtoB特有の商習慣に適応した設定や対応を行うことができる。

これから事業者が業界を勝ち抜いていくには、自動化を導入しリソースを有効活用していくことがひとつの手段となりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事