futureshopとZOZOが連携!「Fulfillment by ZOZO」でスマートな在庫連携

ECのミカタ編集部

futureshopとZOZOが提供する、物流プラットフォームサービス「Fulfillment by ZOZO」との連携を8月より開始する。

スマートな在庫連携が可能に

今回の連携が開始されると、ZOZOTOWNに出店し、futureshopでECサイトを構築しているファッション・アパレルブランドは、自社ECとZOZOTOWN間で在庫連携を実現できる。

連携のメリット

1)発送業務を委託可能
商品は国内最大級のファッションECを支える「ZOZOBASE」から出荷するため、ZOZOの物流クオリティを自社ECでも活用することができる。

2)自社ECとZOZOTOWNの在庫を集約し一元管理が可能
両サイト分の在庫を集約・一元管理することで、在庫切れなどの機会損失リスクを軽減でき、ユーザーの購入タイミングを逃さない環境が実現できる。

3)戦略パートナー向け特別価格により、運用手数料が0円に
利用条件を満たせば、Fulfillment by ZOZOに関しての運用手数料を0円で利用することができる。諸条件など、詳細はZOZOとEC事業者間で調整が必要。

自社ECの成長にも

今回の連携は、既にZOZOTOWNへ出店済み、または出店を検討している事業者ともにメリットがある。

ブランドの成長を求める事業者にとっても、これまで物流に割り当てていた社内のリソースを、自社ECでのコンテンツ作成やコミュニケーション施策などに割り当ることが可能となるだろう。

また、在庫を集約・一元管理することで商品欠品による販売の機会損失を軽減し、売上の向上に一定の寄与が期待できる。

結果として、ブランドの認知や売上の向上に加え、自社ECの成長にも寄与することができるだろう。

最近ではShopifyと楽天が提携するなど、自社ECとモールの連携の事例も増えてきている。特にfutureshopはアパレルブランドとの親和性も高く、今回のZOZOとの取り組みはfutureshopを活用しているアパレルブランドの日々の運営をより利便性高いものにしていくのではないだろうか。

会員登録バナー


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事