ZOZOTOWNが新たなポップアップショップを展開 スペイン発ラグジュアリーブランド『LOEWE PAULA’S IBIZA』のアイテムを提供

ECのミカタ編集部

株式会社ZOZO(本社:千葉県千葉市/代表取締役社長兼CEO:澤田 宏太郎)が運営するファッション通販サイト 「ZOZOTOWN」は、LVMHファッション・グループ・ジャパン株式会社 ロエベ ジャパン(本社:東京都港区 代表者:マネージングディレクター ギョーム・ダヴァン)が展開する「LOEWE(ロエベ)」ブランドから、“パウラズ イビザ コレクション”のポップアップショップを、5月29日(金)より、3カ月間の期間限定でオープンする。

リツイートキャンペーンも実施

「LOEWE」は1846年にマドリードで誕生したスペインのラグジュアリーブランドだ。“パウラズ イビザ コレクション”は、70年代にカルト的人気を博したスペイン・イビザ島の伝説的ブティックとのコラボレーションから誕生した、鮮やかで生命力溢れるコレクションとなっている。

オープン時にはレディース・メンズ共にアパレルカテゴリー全般の商品を展開するという。またオープンを記念し、LOEWEとZOZOTOWNの公式Twitterアカウントのフォロー、並びにキャンペーンツイートのリツイートによって抽選で30名にLOEWEのファンのための雑誌(FANZINE)「EYE/LOEWE/You」をプレゼントするリツイートキャンペーンも開催される。

◆「LOEWE PAULA’S IBIZA(ロエベ パウラズ イビザ)」

[ショップ名]
LOEWE PAULA’S IBIZA

[オープン日]
2020年5月29日(金)正午

[価格帯]
9,000円~254,000円(税抜)

[オープン時の型数]
約150型

[ブランド概要]
1846年にマドリードで誕生したスペインのラグジュアリーブランド、ロエベ。「パウラズ イビザ コレクション」は、70年代にカルト的人気を博したスペイン・イビザ島の伝説的ブティックとのコラボレーションから誕生した、鮮やかで生命力溢れる色彩による、多幸感と夢に満ちたコレクションとなっている。

ピックアップアイテム

左から

◆ビーチ カバス バッグ スモール (イカット テキスタイル)

カラー:マルチ
価格:96,800円(税込)

◆オーバーサイズ Tシャツ (ウォーターリリー コットン)

カラー:ホワイト
価格:55,000円(税込)

◆スクエア バスケットバッグ スモール (ラフィア&カーフスキン)

カラー:ブラウン
価格:78,100円(税込)

◆スクエア バスケットバッグ (アシ&カーフスキン)

カラー:ブラック
価格:84,700円(税込)

『MORE FASHION×FASHION TECH』の推進に向けて

同社では今回の展開に際し次のように述べている。

「この度の『LOEWE PAULA’S IBIZA』ポップアップショップオープンにおいては、当社が今期の注力テーマとして掲げる『MORE FASHION×FASHION TECH』のさらなる推進に向け、ZOZOTOWNのビッグデータを活用して、独自に構築したAI予測モデルを用いたマーケティングコミュニケーション施策を実施いたします。このAI予測モデルでは、ZOZOTOWNにおける大規模な顧客の購買データや行動データをAIに学習させることにより、『ラグジュアリーブランドの購入確率』や、『バッグなどの特定カテゴリーの購入確率』などを高精度で予測します。データとAIを活用した顧客コミュニケーションを実施することにより、ブランドとZOZOTOWNのお客様とのマッチング度を上げ、顧客体験の向上や、より効率的な販売促進を行うことを目指します。

当社では、今回の『LOEWE』との取り組みをはじめとして、今後も多くのラグジュアリーブランドにご出店いただけるよう、ファッションとテクノロジーの力を活用し、ブランド様・お客様双方にとって最適な販売方法や、お客様と商品の新たな出会いの機会を拡充してまいります。今期の注力テーマである『MORE FASHION×FASHION TECH』をさらに推進していけるよう、多くのファッション好きのお客様に、より便利で快適なお買い物体験を提供できるZOZOTOWNを創ってまいります」

数々の荒波に見舞われながらも、ファッションECプラットフォームの旗手として確かな存在感を発揮するZOZO。激動の令和の中で新たなラグジュアリーブランドとの提携を通し、その進化の歩みをさらに刻むことになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事