コロナ禍で激変する消費者動向をつかむ プレイドがEmotion Techと提携し『Simple CX Survey for EC』の提供を開始

ECのミカタ編集部

株式会社プレイド(東京都中央区:代表取締役CEO 倉橋健太、以下 プレイド)は、株式会社Emotion Tech(代表取締役:今西良光、以下 Emotion Tech)と共に、EC事業者向けのCX簡易診断サービス『Simple CX Survey for EC』の提供を開始することを公表した。

8月末まで期間限定で無料提供

CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」をプレイド社は、CXM(顧客体験マネジメント)クラウド「EmotionTech」を提供するEmotion Tech社と共同し、EC事業者向けのCX(顧客体験)簡易診断サービス「Simple CX Survey for EC」の提供を開始する。また8月末までの申し込みに限り無料で提供するとしている。

「KARTE」は、ウェブサイトやアプリを利用する顧客の行動をリアルタイムに解析の上、一人ひとりについて可視化し、個々の顧客にあわせた自由度の高いコミュニケーションをワンストップで実現するCXプラットフォームだ。ECをはじめ、人材や不動産、金融など幅広い業種で活用されている。2015年の3月に正式提供を開始して以降、年間の流通解析金額は1.5兆円を超に上る。

より手軽にアンケートを実施できる

「Simple CX Survey for EC」は、調査設計や集計などの工数なく自社サイト上でCX調査が可能だという。サービスの利用を希望する企業は、用意されたタグを設置し、手軽な設定を行うだけで希望のページにアンケートをポップアップ表示することができる。調査の設計やアンケート作成などは一切行う必要がない。

またサイトに訪れたユーザーは、数分程度で完了する簡易なアンケートに回答することでレポートを作成するための十分な情報を得ることができる。さらにレポートでは、顧客がどの体験を魅力的と感じサービス利用を続けるのか、さらに一方でどの体験が顧客の不満を募らせてしまっているのかを、明確に特定することができるという。それに加えて他社平均データと比較して自社サービスのどこが強みでどこが弱みなのかも、より手軽に把握できるとしている。

◆サービス名

「Simple CX Survey for EC」

◆価格

無料(8月末までの利用申込みに限る)

◆利用申込み

サービス利用は専用URLより申し込み

激変する消費者動向の把握をサポート

サービス提供の背景として同社では次のように述べている。

「2020年5月25日(月)、プレイドとEmotion Techは、CX(顧客体験)向上を軸とした戦略的パートナーシップの締結を発表しました。今回の『Simple CX Survey for EC』は、その第一弾となるサービスです。昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、店頭販売などのオフラインが主体だった小売事業者がEC・通販などのオンライン事業に本格参入する等ビジネス環境に変化が起こるとともに、外出制限により自宅でインターネットショッピングに触れるユーザーが増加するといった消費活動にも大きな変化が生まれています。このような現状を踏まえ、行動様式が変化しはじめている消費者のCX(顧客体験)を正しく計測、理解して課題を見つけ、サイトの改善活動のヒントにしていただきたいという想いから、EC事業者向けのサービスとして提供開始することを決定いたしました」

同社も述べているように、新型コロナウイルスによる感染拡大によって「巣ごもり消費」が広がり、緊急事態宣言の終了以後も、その傾向は続いている。ウイルスとの戦いが長期化する中で、小売や飲食業界を中心にEC化を進める動きが急速に活発化している。一方で、これまでオンラインでのCXに不慣れな事業者も少なからずおり、その設計と実施にはハードルもあった。今回、提供が開始されるソリューションは、まさにこうしたニーズに対応するものであり、EC化を目指す事業体をはじめ、CX施策の成功へ向けて貢献することになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事