日本のAmazonから世界へ Amazonが新たに専属チームによる日本語での海外販売支援サービスを提供

ECのミカタ編集部

Amazon(所在地:東京都目黒区)は、新たに専属チームによる日本語での海外販売支援サービスの提供を開始した。

フルフィルメント by Amazonから海外へ販売できる

Amazonは6月24日(水)より、日本の販売事業者がAmazon.comをはじめとする海外で展開するAmazonで販売できるよう、専属チームによる日本語での海外販売支援サービスの提供を開始した。販売事業者にAmazonで出品するためのプログラム「Amazon マーケットプレイス」は、日本を含む16ヶ国で展開されている。

Amazonでは、日本語での出品管理ツールや出品ガイドに加え、海外の Amazon フルフィルメントセンター(物流拠点)からの配送やカスタマーサポートを代行する「フルフィルメント by Amazon」を提供してきたが、販売事業者は言語や事業拠点にかかわらず、アメリカやヨーロッパなどの各エリアで販売することができるという。

新サービス概要

今回、海外のAmazonで販売を希望される日本の販売事業者に向けて、新たに提供を開始する主なサービスは以下の通りだ。

◆出品アカウントの作成と商品登録に関するサポート

◆海外での販売に適した商品の提案

◆販売事業者様の販売実績の分析と販売強化のための提案

◆海外送金や海外輸送などに関する外部サービスの紹介

◆対象国

アメリカ、日本、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、インド、オーストラリア、シンガポール、アラブ首長国連邦、トルコ

日本のAmazonから世界へ

アマゾンジャパン合同会社 FBA & SFP 事業本部 グローバルセリング事業部 本部長の永妻 玲子 氏は、以下のように述べている。

「この度、日本の販売事業者様に、海外のAmazonで販売いただくための支援サービスをご提供できることを大変嬉しく思います。日本の質の高い製品を世界のお客様に販売いただく機会をご提供することで、Amazon は日本の中小規模の販売事業者様の事業の成長を支援させていただきたいと考えております」

越境EC市場は日々進化し、その市場規模も拡大の一途をたどっている。各ECプラットフォーム間の競争も激しさを増しているが、世界各国での展開をしているAmazonは、この点についても潜在的なアドバンテージを有してきた。今回、日本のAmazonにおいて、本格的な海外販売に関するサポートが提供されることになり、Amazonを利用する各事業者にとっては、海外という巨大な市場を眼下に収めることが可能となり、またその距離も一気に縮まることとなりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事