クラウド物流サービス『LogiMoPro』と複数ショップ一元管理システム『NEXT ENGINE』が連携 複数ネットショップの自動出荷が可能に

ECのミカタ編集部

株式会社清長は、複数ショップ一元管理システム「NEXT ENGINE(ネクストエンジン)」を提供するHamee株式会社と連携し、LogiMoProとNEXT ENGINEにおける自動出荷サービスをリリースした。

LogiMoPro × NEXT ENGINE

クラウド型物流アウトソーシングサービス「LogiMoPro」を提供する清長は、複数ショップ一元管理システム「NEXT ENGINE」を提供するHameeと連携し、LogiMoProとNEXT ENGINEにおける自動出荷サービスをリリースした。今回の連携サービスでは、LogiMoProとNEXT ENGINEともに登録していれば、どのようなユーザーでも利用できるという。

サービスの導入方法

◆導入方法

1.「NEXT ENGINE」アカウントを開設
2.「LogiMoPro」アカウントを開設
3.「NEXT ENGINEアプリ」から「LogiMoPro」をインストール

◆LogiMoProサービス概要

LogiMoProは、中小規模のEC事業者様を対象としたクラウド物流アウトソーシングサービスだ。LogiMoProに委託した物流業務はクラウド上で管理でき、EC運営の少数精鋭化を実現する。また、料金設定がシンプルかつリーズナブルでありながら、サービス品質が高いことにも評価されているとしている。

受注から出荷までに関わる業務を自動化

清長では、今回の提携に際して次のように述べている。

「これまで、ネットショップ上にある多数の受注データは自社内で処理しなければならず、時間の掛かる出荷作業や委託倉庫へのデータ引渡し、また、出荷実績の反映、入荷情報の反映など、物流関連業務は依然としてEC事業者様にとって負担の大きいものでした。この度リリースされた連携サービスを利用することにより、『NEXT ENGINE』上の受注データをLogiMoProへ自動的に連携し、受注から出荷までに関わる業務を自動化することができるようになります。

また、物流部門をLogiMoProにアウトソーシングすることで、スタッフ不在時や急な出荷波動にも安定した出荷を確保することもでき、購入者様の満足度向上が期待できます。受注から出荷までの業務を自動化することで、EC事業者様は空いた時間を商品開発や販路拡大に向けた営業業務に有効活用できることが最大のメリットになります」

同社も述べているように、受注から出荷までに関わる業務は、EC事業者にとって未だに大きな負担となっている。その部分を自動化できる今回のソリューションは、多くの事業者のビジネスを加速させることになりそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事