1,000万を超える高額取引でも、保証付き掛け売りが可能に。「掛払い.com」の与信審査基準をアップデート

ECのミカタ編集部

株式会社キャッチボール(本社:東京都品川区/代表:端郁夫)が提供する法人向け掛け払い決済サービス「掛払い.com」の与信審査基準が、2020年7月1日(水)に大幅にアップデートされた。

1,000万を超える取引も可能に。法人間取引の高額決済も100%保証

法人向け掛け払い決済サービス「掛払い.com」の与信審査基準が緩和され、法人間取引の高額決済に対応する。
これによって1,000万を超える取引も対応可能となり、自社運用ではハードルの高い新規高額取引も未回収リスク100%保証で安心してスタート可能となる。

掛払い.comの導入で掛け売り業務をスピーディに

掛払い.comとは、未回収金100%保証でキャッシュフローを健全化するサービスである。

売り手企業と買い手企業との間に入り、「与信管理」「請求書発行」「代金回収」「入金管理」「問い合わせ対応」といった請求書発行から売掛金管理に関するすべての業務を代行する。

買い手企業が未払いだった場合でも、与信審査に通過した取引先に対しては「掛払い.com」が100%入金するため、安心して利用できる。

新規取引先の審査において、登記簿謄本の提出や書類への押印を依頼することはない。
加盟店から得た情報をもとに、原則として即日回答のスピーディな審査が特徴だ。
新規取引先の開拓はもとより、営業の効率化にも貢献する。

また、掛け売りに関する煩雑な業務をまるごと委託する事で、請求に関する人件費が不要となりトータルコスト削減に貢献する。
経営者や営業マンが請求業務を行っている場合でも、掛け売りへ費やしていた時間を削減することで戦略の策定や営業活動・顧客対応に専念できる環境を整えることが可能だ。

年々増え続ける掛け売り決済の課題を解決

BtoB市場拡大により、掛け売り決済での取引も年々増加傾向にある。

しかしながら、自社で行う掛け売り決済は新規取引先の審査に時間を要することも多く、手続きを行う間に顧客が競合他社へ流れてしまうなど、販売機会の損失を招きかねない。
他にも請求業務に関わる手間や代金未回収のリスクなど、自社運用には大きな問題が山と積まれている。

掛払い.comはそうした不便さを補うためのサービスであり、今回与信審査基準をアップデートすることで高額取引も可能となり、利用できる企業の幅も広がった。

今後もより多くの企業の掛け売り業務をサポートしていくことに期待したい。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事