STAFF STARTとYappliが連携 デジタル接客を通して「人と人をつなげるアプリ」を提供

ECのミカタ編集部

株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文、以下「ヤプリ」)は、「STAFF START(スタッフスタート)」を展開する株式会社バニッシュ・スタンダード(本社:東京都港区、代表取締役:小野里寧晃、以下「バニッシュ・スタンダード」)と連携を開始した。

スタッフ投稿のコーディネートを自動で配信

アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を提供するヤプリは、実店舗の販売スタッフのオムニチャネル化を推進する アプリケーションサービス「STAFF START」を展開するバニッシュ・スタンダードと、2020年7月6日(月)に連携を開始した。連携を通しては「STAFF START」を通して店舗スタッフが自社サイトへ投稿したコーディネートを、自動でネイティブアプリ化し配信することが可能となる。

同社によれば、アパレルブランドのアプリにおいてコーディネートページは、検索ページに次いで2番目に購入率が高く、アプリを起動し"店舗に訪れて"もらうためには、積極的なコンテンツの更新が必要だという。また今後の展開として、お気に入りのスタッフを登録しプッシュ通知で更新情報を受け取ることが可能な機能開発を予定する。

デジタル接客を通して「人と人をつなげるアプリ」へ

アプリの開発・運用・分析がオールインワンの「Yappli」は、ブランドと顧客をつなぐプラットフォームとして多くのアパレルブランドの公式アプリを支援している。新型コロナウイルスの影響により外出がためらわれる状況下、スマートフォンアプリは気軽にショピングを楽しむツールとしてますます欠かせない存在となっている。

また「STAFF START」は、コーディネート投稿機能を使用しショップスタッフが撮影したコーディネートに商品情報を紐づけ、自社サイトやSNSに投稿することができ、さらに投稿から売上に至った場合にはその売上をスタッフ個人の評価に活用できる“スタッフテック”アプリケーションサービスだ。店舗スタッフの活躍の場をオンラインへ拡張させ、ECにおける顧客の購入体験向上へと寄与する。

より質の高い購買体験を創出

連携に際してアプリ担当より次のようなコメントが出されている。

「お客様が体験する『洋服と出会う場』は、オンライン/オフラインの垣根がなくなりつつあります。アプリをご利用頂くお客様はブランドロイヤリティ―が高く、より良い体験を求めています。ローズバッドのお客様は、スタッフ一人一人が築き上げてきたものであり、スタッフとお客様がアプリを通してシームレスにつながり、より良い体験の場を提供しコミュニケート出来るアプリを実現していきたいです」

また同社では、今回の連携によってアプリを所有する顧客と、現場で活躍する店舗スタッフのつながりが、より強化されることが期待できるとしている。さらに全ての企業がオンライン前提の変革を求められる今、ブランドアイデンティティの確立には、店舗で生まれていた顧客とスタッフとのコミュニケーションをオンラインで再現するという想いが背景にあるようだ。アプリを通して得られる個客DNAと、スタッフを通して伝えられるブランドストーリーが相乗効果を発揮できるよう、引き続き戦略的連携を進めていくとしており、今後の展開にも要注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事